大迫力の議事堂!美術館!温泉! 魅力的なブダペストの街を満喫♪

ハンガリー滞在も残りわずか。

先日のウォーキングツアー以外では、
ブダペストでこんなことをしていました。



・国会議事堂ツアー
その美しい夜の姿に
すっかり一目惚れしてしまったハンガリーの国会議事堂

国会議事堂内もガイドツアーで見学可能とのことで、
行ってきました!!
c0351060_20193696.jpg


見学ツアーは、インターネットでの事前予約が必須
※直接窓口に向かったところ、↓の写真の時刻で各言語でのツアーが催行されているので
ネットで予約して、出直してくるよう言われてしまいました。。。
(見学ツアー:5200フォリント+予約手数料200フォリント)

c0351060_14591271.jpg

無事予約が完了したら、

ツアーの時間に合わせて受付でチケットを引き換えし、

ガイドさんの案内で、ツアースタート


1902年に完成したこの国会議事堂は、

外観はゴシック様式でありながら、
ルネッサンス風の部分もあり、
内部にはバロック様式も取り入れられているという、

様々な様式が混じり合った

横268m、幅123m、高さ96mの巨大な建物。



"高さ96m!?"

そう、
この国会議事堂は、

ペスト側で一番高いとされる

大聖堂の高さを超えないようにと、
同じ96mという高さにしたそう。


そんな話を聞きつつ、
像の並ぶ廊下の隣にあるエレベータに乗り、
c0351060_20245366.jpg
案内されたのは、
96段の階段のある、正面玄関ホール

c0351060_20383153.jpg
"またまた96!?"

なんでも、
ブダペストでは「96」という数字を大事にしているそう。
(理由はあいにく聞き逃してしまいましたが…)


正面玄関が開くのは、
特別な時のみで、普段は扉は閉まっているそうです。

この正面玄関ホールの天井には、
ハンガリーを代表する画家、
ロッツ・カーロイのフレスコ画が描かれています。


この先は、
しばらく撮影禁止の厳戒態勢エリア


16体の王の像が取り囲む部屋の中にあるのは、

国会議事堂の目玉と言われる、
ハンガリーの初代国王、イシュトバーンから
最後の国王カーロイ4世の時代まで約950年にわたり受け継がれてきた

やや斜めになった十字架が飾られた王冠


そんな
ハンガリーの歴史を見てきた王冠を見た後は、

ハンドメイドだという
青い絨毯が敷き詰められた部屋を通り、

c0351060_20435172.jpg

会議場へ。
c0351060_20141238.jpg
いシートが首相&内閣用
のシートが他の議員用とのこと。

尚、会議場内は禁煙の為、
扉の外には(取り違え防止用に)番号の振り分けられた
タバコ置き場も設置されています。

c0351060_12583301.jpg


30分程議事堂内を見学し、
ツアーはここで終了。

その後は、併設された博物館を自由見学。

c0351060_20513809.jpg
c0351060_20530586.jpg
議事堂の模型もあるので、
今見学してきた場所を模型で照らし合わせる事もできます。
c0351060_20474044.jpg

(ややお値段は張りますが…)
外観のみならず、内装も素敵な国会議事堂
ブダペストに来たら見逃せない場所です。


※議事堂を出る際にも
ツアーのチケットが必要なので、失くさないように要注意!!





・英雄広場周辺散策
オペラ座や、
c0351060_17263338.jpg
アイス屋さん(あいにく冬場は閉まってました。。。)、
c0351060_20283564.jpg
栗屋のお兄さんもいる
c0351060_22245776.jpg
c0351060_21495253.jpg
アンドラーシ通りを北に真っ直ぐ進むとあるのが、
c0351060_20402377.jpg
ガブリエルの像の建つ、英雄広場

c0351060_21014664.jpg
c0351060_21053621.jpg
この広場に面して建つのが、
西洋美術館
c0351060_18234265.jpg
現代美術館
c0351060_20495138.jpg
内装も素敵な
現代美術館(1800フォリント)では、
c0351060_21243652.jpg

無機質な物たちが奏でる光と音のショーを楽しめる
Nicolas Schoffeterの作品展の他、


c0351060_14582952.jpg
c0351060_15001126.jpg
劇に使用されるの人形の作品展など、
全部で3つの企画展が行われていました。
c0351060_21305820.jpg



そんな英雄広場の近くには、
こんなアート作品のある公園や、

c0351060_17560653.jpg

c0351060_18165748.jpg
冬季限定のスケートリンク

c0351060_12403650.jpg

農業博物館も敷地内にあり、
各建物も見応えのある
ヴァイダフニャド城もありました。

c0351060_21341028.jpg

c0351060_21444107.jpg

c0351060_18455959.jpg

街の中心部からは少し距離がありますが、
英雄広場周辺も見所がいっぱいです。



・ハンガリーの温泉に浸かる

なかなか湯船に浸かる機会のない旅人にとって、

”温泉”は、
心惹かれるキーワードの一つ。

ハンガリーは温泉大国としても有名。
ここブダペストにも温泉施設がいくつかあるらしい。

それは行くしかない!!

と、
英雄広場にほど近いセーチェニ温泉へ。
c0351060_16595165.jpg
この旅では、
ボリビアで標高4000mの温泉ぶりのお・ん・せ・ん♪


早速受付で会計を済ませ
(入場料+ロッカー利用:4700フォリント)、

ロッカーのキーにもなるリストバンドを受け取り
c0351060_20340545.jpg
水着に着替え、
(日本の温泉と違い、温泉内は水着着用です)

早速念願の温泉へ。

c0351060_12282333.jpg

まるで
「宮殿の前の泉」のような
3つの屋外温泉。


左から
・(勢いよく)流れる温泉
・スポーツジムさながらのプール(スイムキャップ要着用)
・セーチェ二温泉名物、
お湯に浸かりながらチェスもさせる温泉
c0351060_12170710.jpg
があります。


温度は35℃~37℃と
日本の温泉に比べるとぬるめで、
c0351060_20525509.jpg
水着着用との事もあってか、

温泉というより、
温水プールといった感じ。

そして、

寒い!!

真冬の1月の夕方、
雨と雪が混じりみぞれが降りしきる屋外。

水に濡れた状態で
水着で屋外を歩くので、

凍えます


尚、宮殿のような建物の中には、
サウナや小さな温泉(というより、やっぱり温水プール!)が
いくつもありました。
c0351060_12114577.jpg

“癒しを求めてのんびり”という日本の温泉とはひと味違い、

“社交場”として発展してきたといわれる
ハンガリーの温泉体験。


なかなか面白かったです。
(ただ、あまりに屋外が寒かったので、
もっと暖かい時間帯に行くことをオススメします)




その他にも
ドナウ川沿いをのんびりお散歩したり、
c0351060_20545778.jpg

c0351060_20051693.jpg
c0351060_20075339.jpg

ユダヤ人街を歩いて
面白いが並ぶ通りに出くわしたり、

c0351060_20573803.jpg

c0351060_13025011.jpg
c0351060_12501071.jpg
c0351060_21001496.jpg
お得な
5ユーロランチ(=1155フォリント。スープ+メイン)を食べたり、
c0351060_20023902.jpg
c0351060_21055357.jpg
c0351060_21032557.jpg

変わらず美しい夜景を見たりして、
c0351060_12063708.jpg

マイナスだった第一印象が嘘のように
気に入った街、ブダペストを最後まで満喫。



明日は電車に乗って次の国、スロヴェニアへ。

可愛いパートナーと合流し、
これから暫しの間、二人旅の予定。


[PR]

by ice_oga | 2016-01-13 23:07 | 街散策 | Comments(0) |