夜景が美しすぎる街、ハンガリーのブダペスト(MAX KOLORKI) sanpo

今日は、
ここオーストリアウィーンから、
お隣の国ハンガリーブダペストへ。

Erdberg駅のそばにあるバスターミナルから
15:00発のバスに乗って出発!(22ユーロ)
c0351060_20071651.jpg


これまたシェンゲン協定内なので、
何の審査もないまま

26ヶ国目、
ハンガリーブダペストに到着。

…したものの、
到着したこの場所は、ブダペストのどこ!?


どうやら、
Nepliget駅直結のバスターミナルらしい。


たどり着いたばかりの
ブダペストの第一印象は…

暗い街

外は雨が降りしきり、
駅の売店の人も感じが悪いし、
薄暗い駅の構内にはホームレスの方々もたくさん。

電車もどことなく
冷たい印象(ひと昔前の社会主義国的な)を受ける車両で


昼間まで居たお隣の国、
オーストリアとのギャップに、しばしカルチャーショック。




…と、思ったのはあくまで第一印象。


ブダペストは、

この旅の中でも
お気に入りの街のひとつとなりました。



その理由は、

この夜景!!
c0351060_15511720.jpg

ワルツ ”美しく青きドナウ”でも有名な、
あのドナウ川沿いの夜景は、息を飲む美しさ!!
(あの曲はオーストリアの曲ですが…)
c0351060_15551537.jpg

ブダペストは、
このドナウ川の西側に位置する「ブダ」という街と
東側に位置する「ペスト」という街が合わさってできた街。


街の中心でもある
ドナウ川に架かるくさり橋
c0351060_15570437.jpg

c0351060_16530072.jpg
王宮

c0351060_16000453.jpg
マーチャーシュ教会漁夫の砦といった
c0351060_16071696.jpg


ライトアップされたブダ側の建物の姿を
眺めながら渡ったり、


橋を渡り終えて、対岸(ブダ側)から
ペスト側の景色を眺めたり。
c0351060_17124232.jpg
そして、
ドナウ川沿いのブダ側を歩くと辿り着く
Batthyany ter駅周辺が、
c0351060_16584182.jpg

c0351060_16551792.jpg

この美しいブダペストの夜景の中でも
個人的に一番のお気に入りポイント




そこから見えるのは、

ドナウ川越しの国会議事堂。
c0351060_17041287.jpg

巨大なゴシック様式の国会議事堂のその荘厳たる姿は、

一時的に寒さを忘れてしまう程の美しさ!!



ブダペスト滞在中は
寒い中、毎晩この夜景を見たさに

夜な夜な散歩していました。

c0351060_17181052.jpg



ドナウ川沿い以外にも、

オペラ座や、
c0351060_18252960.jpg

c0351060_18111737.jpg


聖イシュトヴァーン大聖堂など、
c0351060_18403993.jpg


c0351060_16335071.jpg

c0351060_16383932.jpg
外観だけでなく、
内部も美しい建物が集まる街。


ひとたび
ブダペストの街中を歩けば、

c0351060_18103617.jpg
c0351060_15530853.jpg

「暗い街」という印象は,
あっという間に払拭されてしまっていました。



そんなブダペストでは、
All Central Hostelに滞在(1,680フォリント/泊。住所:Becsi utca2,1052 Budapest.
ペスト側の街の中心部にあるDeak Ferenc ter駅の近くにあり、便利な立地。スタッフの方も感じが良かったです。
キッチンが汚かった事だけが残念。。。)。


宿の近所のスーパーで、早速アイスを購入♪

・MAX KOLORKI

c0351060_18135714.jpg

あいにく溶けていてドロドロでしたが…
c0351060_15464596.jpg

気軽に食べれる、
3口サイズの濃厚ベリー味のアイスキャンディーでした。



すっかり夜の美しさに魅了されたブダペスト。

昼間のブダペストの魅力も堪能する為、

続いては、
街の見所を巡るフリーウォーキングツアーに参加してみます!




[PR]

by ice_oga | 2016-01-09 23:49 | アイスクリーム | Comments(0) |