見上げながら歩きたくなる街、ウィーンを散策

オーストリアの首都、ウィーン。

英語ではヴィエナ(Vienna)

現地の呼び方(ドイツ語)と日本語での呼び方同じで、
英語だと違う呼び名の地名は、


英語でのインフォメーションが多い旅の途中、
「ドコ!?」と混乱してしまいがち。

※ウィーンの他にも、
チェコのプラハ⇒プラーグ(Prague)
中国のペキン⇒ベイジン(Beijing)
イタリアのフィレンツェ⇒フローレンス(Florence)…等々。


さて、
そんなヴィエナこと、ウィーンでは
ミュージアムの他にも、こんな場所へ足を運びました。


・ペーター教会
街中に突如現れる
9世紀に作られた、ウィーンで二番目に古い教会。
楕円形の天井画も素敵。
教会の方も優しくて感じが良く、じっくり中を見学出来ました。
c0351060_19174484.jpg
c0351060_19241142.jpg
c0351060_19193937.jpg

・シュテファン寺院
これぞゴシック建築!といった感じの重厚感のある建物。
かつてはロマネスク様式の建築物だったそう。
入口付近は内部も無料で見学出来ます。
c0351060_21490099.jpg
ウィーンを代表する建築物だけあって、
ステファン寺院の周りには
市内で行われる演劇やオーケストラのチケットの販売をしている方々が多数。

毎日のように国立歌劇場に行っていたので
そうしたものには行かずじまいでしたが、
当日や翌日の公演のチケットを格安で購入出来るそうです。


・ウィーン市庁舎
”これから舞踏会でも始まるのでは!?”
と思ってしまうような、
赤絨毯の素敵な階段のあるウィーン市庁舎。
c0351060_19314705.jpg

c0351060_19594360.jpg

階段の先に続く、ホールや、
シックな回廊も素敵でした。

c0351060_19570328.jpg
c0351060_19512772.jpg


・ウィーン大学
映画の舞台になりそうな、素敵な構内。
構内を巡るガイドツアー(3ユーロ)もあるそうです。

c0351060_20031917.jpg
c0351060_20053913.jpg
c0351060_20101526.jpg

大学ということは、
アレがあるかも!?

嗅覚を頼りに構内をさまよっていると、

学食を発見!!

c0351060_20142591.jpg
学生たちに混じり、
「本日の定食」的なメニュー(5.9ユーロ+スープ1ユーロ)でランチ♪
c0351060_20172379.jpg

・ヴォティーフ教会
あいにく工事中で外観はイマイチでしたが、
中に入った瞬間、思わずハッとなってしまった程に美しい教会。
c0351060_20200017.jpg
私が訪れた14:00頃は、
太陽の光の差し込み具合が程よく教会内を明るく照らし、
幻想的な空間作り出していました。
天井が高く開放感もあり、ステンドグラスも見応え十分!
c0351060_20292657.jpg
c0351060_20315031.jpg
c0351060_20401862.jpg
c0351060_20252692.jpg

・シェーンブルン宮殿
時間がないので外観だけ見学。
広い敷地内には、ジョギングや散歩を楽しむ人々が多く、
市民の憩いの場といった感じでした。
c0351060_20443472.jpg
c0351060_20415440.jpg


・UNO ClTY
高層ビルの建ち並ぶ、近代的な景観

…との事なのですが、

あいにく訪れた時は、
霧がかかっていて、ほとんど何も見えない。。。
c0351060_20465561.jpg
c0351060_21204650.jpg
c0351060_21231326.jpg

高層ビルの足元には、
無機質な外観の教会が。

中に入ってみると、
ダークカラーの外観とは異なり、
温かみのある色合いの木で作られた明るい教会でした。
c0351060_20484215.jpg
・国会議事堂
可愛いガイドさんの案内で、
ツアーで内部を見学(5ユーロ)。
c0351060_21272686.jpg

c0351060_21255340.jpg
※議事堂の前に5メートルの高さでそびえる像は、
「知恵の神様」。

デンマークの建築家、
Theophil Hansenがデザインしたというこの議事堂。


階段を昇った先に現れるのは、
サッカー場の半分の広さを誇る
アテネのアクロポリスを模したホール。
このホールに使われている大理石の柱は、
象3匹分(16t)の重さらしいです。
c0351060_21315289.jpg

そして、
議事の行われる会議室を次々と見学。
c0351060_21355034.jpg

c0351060_21574940.jpg

c0351060_21394221.jpg
ちなみに、
オーストリアは二院政(国民議会・連邦参議院)で、
5年に一度大きな選挙が行われるとの事。


かつてオーストリア内では16の言語が話されており、
各地の代表が集まる会議ではお互いの言葉がわからない事もあり、

そうした場合は、
楽器を鳴らして意思を示すという、
ユニークな方法も行われていたそう。


そんなオーストリアの
政治家になった気分で、発表者の場所に立ってみたり♪
c0351060_21465944.jpg





このように、
立派な建築物が集まる街、ウィーン。

そうした建築物がライトアップされる夜は、
より一層美しさを増します。

c0351060_22474509.jpg
c0351060_22512000.jpg
昼夜ともに、
上を見上げながら歩きたくなる程、
巨大で美しい建物が建ち並ぶ、ウィーン。

明日は、
そんなウィーンから日帰りでも行ける
お隣の国、スロヴァキアへ行ってみます。

[PR]

by ice_oga | 2016-01-07 22:28 | 街散策 | Comments(0) |