ウィーンでお得に初めてのオペラ鑑賞(Mc. Sundae Cherry Cookie )


ザルツブルク発、ウィーン行きの列車の
発車時刻3分前。

ギリギリに辿り着いたザルツブルク中央駅で
「発車」ホームと「到着」ホームの案内板を勘違い;


間違えに気付いて、
ウィーン行きの列車の出発ホームに辿り着いた瞬間、

列車は走り出してしまった。


しばし、茫然


ドレスデンのバスといい、
一時帰国以降の旅は、気が緩んでいるのか
ちょこちょこ電車やバスに乗り遅れてしまってる。

次の列車は一時間後。。。


こういう時の気分転換は、
アイスに限る!


駅前のマクドナルドでアイスを発見。


・Mc. Sundae Cherry Cookie(1.6ユーロ)
c0351060_19180002.jpg


バニラの柔らかなソフトクリームに、
甘いチェリーソースと
サクッとした小粒のクッキーが振りかけられたサンデー。

列車に乗り遅れた侘しさを
慰めてくれる嬉しい甘さでした。



そして1時間後、
c0351060_19225566.jpg
今度はちゃんと乗車。


ザルツブルク⇒ウィーンへは、
Westbahnの列車を利用(24.9ユーロ)。
c0351060_19263886.jpg
c0351060_19284876.jpg

電源あるし、wifiあるし、
車内販売もある快適な列車♪


そんな列車に揺られ、

ウィーン西駅(Wien Westbahnhof)に到着。
c0351060_19330824.jpg

c0351060_19345038.jpg
c0351060_19370339.jpg
まずは、予約した宿のある
Neubaugasse駅へ。
c0351060_19421454.jpg

Neubaugasse駅から徒歩5分もしない場所にある
Seven Vienna(6.9ユーロ/泊。複数建物があり、
レセプションと宿泊場所は違う建物にあります)に滞在。




さて、
ここウィーンでは、
人生初のオペラ鑑賞をしてみることに。


昨夜ザルツブルクの宿で同室だったマレーシアの女の子たちが
こんな耳よりな情報を教えてくれたんです。


”ウィーンでは、3ユーロでオペラを観賞できる”


オペラって敷居が高いイメージがあり、
なかなか観に行く機会がなかったけれど、


3ユーロ≒400円程度でオペラが観れるなんて!

これは、行くしかない!!



しばし、
ウィーンの街中をブラブラした後、
c0351060_19463499.jpg
c0351060_19500152.jpg
c0351060_19553880.jpg

オペラの会場、ウィーン国立歌劇場へ。
c0351060_21562205.jpg

目指すは、正面入口ではなく
こちらの立ち見席専用(STANDING AREA)の入口
c0351060_19581642.jpg

オペラをわずか3ユーロで観賞できる
そのからくりは、

立見席を利用するというもの。



席によってはチケットが200ユーロ以上する公演。
立ち見であれば、同じ公演を
僅か3ユーロで観賞出来るんです!!
※詳細は、「旅いさら」に書かせていただきました。
ウィーン国立歌劇場で、本格的なオペラをわずか3EURで楽しむ方法

立ち見席は、基本的に当日券のみの販売。

建物の中に入ると、
同じくお得にオペラ鑑賞を楽しみたい方々で長蛇の列。

c0351060_19595248.jpg
隣に並んでいた韓国人の男の子と
お話ししながら列に並んでいると、


後ろから誰かに呼ばれたような…


なんと!!


チリのビーニャの汐見荘で一緒だったトモコさんと、
偶然再会!!


まさか、
こんなところで再会出来るなんて…

お互いビックリ!!



彼女との再会を喜びながらも列は進み、

無事チケットを購入
c0351060_20020008.jpg

チケットを入手したら、
まずは場所取り


係員の指示に従って

マフラーやハンカチなどをバーにくくって、
観賞場所に目印をつけます。
※立ち見ですが、きちんと場所を確保出来ます!

場所取りをしたら、
開演まで劇場内を散策。
c0351060_21495349.jpg

劇場内には、

アルコールや軽食を楽しめるバーや、
c0351060_21412164.jpg
これまでにこの劇場で上演された作品に関する
展示室もあったり。
c0351060_22014461.jpg

豪華な劇場内散策も、楽しみのひとつ。


私のように立ち見席を利用している人たちは、
街中を歩くようなラフな格好ですが、

良い席に座るのであろう
バッチリとドレスアップした紳士淑女の方
劇場内でスレ違うと、

オペラを観に来たんだ!
と、高揚感が高まってくる。




いよいよ開演
c0351060_21022254.jpg
この日観賞したのは、
「セビリアの理髪師」。



初めて観賞したオペラ。

思ったよりもミュージカルに近く、
何よりもオーケストラの生演奏歌手の方々の迫力満点の歌声

大興奮


公演前にネットであらすじを読んで来た甲斐があって、
内容も理解しやすく、楽しめました。


こんな大迫力の公演を
破格で観れるなんて!!


…と、
ウィーン滞在中に3回も来ちゃいました。


翌日はVerklungene Feste(Josephs Legende)という
バレエの公演、

3日後にはあのベートーベンの唯一のオペラ作品、
FIDELIOを観賞。
c0351060_22063615.jpg


低予算なバックパッカー旅でも、十分に楽しめる
本格的なオペラ鑑賞、

ウィーンに来られる方、おススメです!!







[PR]

by ice_oga | 2016-01-05 22:56 | 未分類 | Comments(0) |