クリスマスイブ前夜のベルリンの街へ~ドイツのクリスマスマーケット巡り~

2015年12月23日。

クリスマスイブ前夜のドイツ、ベルリンの街中に
さっそくミティンとお出かけ。


まず訪れたのは、GENDARMEN MARKT(ジャンダルメンマルクト)という
珍しく入場料(1ユーロ)が必要なクリスマスマーケット。
c0351060_21131923.jpg
ドイツ大聖堂、フランス大聖堂、コンツェルトハウスといった
立派な建物が集まるこの場所では
c0351060_21304590.jpg

ステージでコメディーショーが行われていたり

c0351060_17224276.jpg
月夜にも映える
大きなクリスマスツリーがあったり。
c0351060_21180276.jpg

楽しく、
オシャレな雰囲気のクリスマスマーケット。


ここでは、ミティンおすすめの
ドイツ南部の料理だという

マカロニに似た食感のを食べたり、

c0351060_21155780.jpg
ベルリンの名所が描かれたマグカップで
グリューワインを飲んだり。
c0351060_21203828.jpg
とっても陽気な
ベルリン在住のカップル
とお話したり。
c0351060_21194580.jpg
こうして

100ものクリスマスマーケットが開かれ、
世界一クリスマスマーケットが多い街と言われる

ベルリンクリスマスマーケット
まずは1つ、楽しみました。



続いて、
アレキサンダー広場のクリスマスマーケットにも向かったのですが、

既に22:00過ぎており、
この日は終了してしまっていました(ドレスデンでのバタバタさえさければ…泣)。



気を取り直して、
途中のスーパーでミティンおススメの
ドイツの学生がテスト前によく飲むという

カフェイン強めのドリンクを買って、
c0351060_21231158.jpg
ベルリンの夜の街を
引き続き散策♪
(ベルリンの街中では、ビール瓶片手に歩いている人を良く見かけました。さすが、ビールの国!)
c0351060_21263296.jpg

やって来た場所は、
たくさんの人で賑わうという
クラブ等が集まる一角。
c0351060_21252723.jpg
c0351060_21242410.jpg


ミティンの話によると、
週末の夜は歩くのも困難な程
多くの人でごった返すというこの場所。


クリスマスイブ前夜の今日は、
人っ子ひとりいないのでは!?というくらい、
ものすごく、し~んと静まりかえっていました。


こちらのクリスマスホリデーは、
いわば日本のお正月と一緒。

みんな地元に帰ったり、家でのんびりしているそう。


そんな日にここに居たのは、
いわゆる(よろしくないものを売る)売人の方々のみ。


普段はアジア人なんて相手にされないそうですが、

今日は私たちしかいないので、
スレ違う方々全てに、声をかけられ、からまれ・・・


そんな状態なので、
足早にこの場は通り過ぎました。
※クリスマス前後は、こうしたエリアには近づかない方が無難です




続いてやって来たのは、
ベルリンと言えばやはりコレ。

ベルリンの壁。

かつて東ドイツと西ドイツを隔てていたこの壁。
イーストサイド・ギャラリーと呼ばれるこの場所にはその壁の一部が残されており、

世界各国のアーティストがこの壁に絵を描き、
現在は国を隔てる為ではなく、その作品を楽しむギャラリーとなっています。

c0351060_21283270.jpg
c0351060_21274244.jpg
c0351060_21292362.jpg
c0351060_21315593.jpg


”これが、あのベルリンの壁かぁ。”


辿り着けるか不安で、
ドレスデンでバタバタしていた数時間前の出来事が
夢だったかのように、

久々に会えたミティンと楽しんだ、ベルリンの夜



クリスマスマーケットを巡りたくて
駆け足気味にミュンヘンから北上してきましたが、

ここからは少しペースを落として、
1週間、この街に滞在します。



[PR]

by ice_oga | 2015-12-23 23:30 | 街散策 | Comments(0) |