世界一ロマンチックなローテンベルクのクリスマスマーケット~ドイツのクリスマスマーケット巡り~

2015年12月19日、
クリスマス前 最後の土曜日。


クリスマスショッピングも大詰めを迎える頃。

ミュンヘンの街中では、
たくさんの買い物袋を手にする家族連れの姿を
見かけました。
c0351060_20205390.jpg


クリスマスイブまであと5日。


既にミュンヘンでも何ヵ所か
クリスマスマーケットを訪れましたが、

これから5日間で
ミュンヘンローテンブルクニュルンベルクドレスデンベルリン

クリスマスマーケットを巡りつつ
ドイツ国内北上を計画中!



ミュンヘンで過ごす残りわずかな時間、
c0351060_20363542.jpg
c0351060_20241990.jpg
※街中にスケートリンクも出現

マリエン広場近くにある
この通り道の間に、

Schuhbecks Eisというジェラート屋さんを発見!
(残念ながらお店の写真は撮影NGとのことでした。。。)

c0351060_19361966.jpg


迷った末に、こちらの2つの味を注文(2.4ユーロ≒330円)。

・Himbeere(ラズベリー)味
・Ginger(生姜)味

c0351060_19335776.jpg

Himbeereは、ラズベリーのパンナコッタといった味。
Gingerは、今までに食べたことある生姜味のアイスの中で、
ここのが一番生姜の味が効いてる!というくらい、生姜がちゃんとが主張しているアイス。

食感はどちらも滑らかで、美味しいジェラートでした。


ミュンヘンでアイスも食べた後は、

またまた中央駅に行き
バイエルンチケットを購入し、

車内でつまむ用にプレッツェルも購入し
(ドイツのプレッツェルはスーパーで3、40円程度で買えて、安くて美味しい♪)、


c0351060_20515734.jpg

13:00発の列車に乗り、

最初の目的地、ローテンブルクに向け、出発!



…ですが、
路線の都合上、
まずはその次に訪れる予定の街、ニュルンベルクへ。



Ingolstadt駅で電車乗り換え、
ニュルンベルクに到着。
c0351060_19305446.jpg
今夜はニュルンベルクに宿泊予定。

今回は、
完全にクリスマスマーケットの為だけにローテンブルクに向かいます。


乗り継ぎの合間に
ニュルンベルク駅のロッカーに大きな荷物を一時保管(5ユーロ)。
c0351060_21063970.jpg





再び列車に乗車。

まずはNeustadt(Aisch)駅 まで行き、
乗り換えてSteinach駅へ。
c0351060_20561634.jpg
c0351060_19334818.jpg


更に乗り換えて、
すっかり辺りも暗くなった18:00頃、
ローテンブルク到着。

c0351060_20083190.jpg

"世界一ロマンチックなクリスマスマーケット"

と、言われる
ローテンブルクのクリスマスマーケット。


…そういえば、
この街のどこで
クリスマスマーケットは催されているのだろう??



きっと駅に
クリスマスマーケット会場への道順の看板でも
出て…


ない。

駅のインフォメーションも閉まってる!!



乗る予定のニュルンベルクへ戻る電車までの
タイムリミットは二時間半。

まさか、
ここまで来てクリスマスマーケットに
辿り着けない!?



すると、
ほとんど人もいない駅で、
旅行者らしき二人組を発見!

"ひょっとして
クリスマスマーケットに行く人たちかも!"と思い
声をかけたところ、

10日程かけてヨーロッパ各地のクリスマスマーケットを
巡っている
という日本人のお二人でした。


幸い、彼女達が
クリスマスマーケットの近くまで
一緒に行ってくれることに。


駅を出たら、
目の前の道をしばらく真っ直ぐ進み、

途中の交差点を左に曲がってしばらく進むと
門に遭遇。
c0351060_20401510.jpg


この門の先に進んで行くとある、
旧市街でクリスマスマーケットは行われているそう。

宿に向かうというお二人とは
ここで別れ。


門を通り抜けると、

ローテンブルグ名物の
まるでオモチャの街のような
可愛らしい中世風の木枠の家やカラフルな家々。
c0351060_19474392.jpg
各お店の照明が
もみの木になっているのも素敵。
c0351060_19402124.jpg

そしてこちらが、
ローテンブルグのクリスマスマーケット。
c0351060_20592134.jpg


c0351060_20143314.jpg
c0351060_00490691.jpg

メリーゴーランドもあったり。
c0351060_19552592.jpg

評判通り
とってもロマンチックな空間

とはいえ、
12月の夜ともなれば寒いので、
ホットワインこと
グリューワイン」で一息。
c0351060_20264633.jpg

身も心も温まります。


尚、クリスマスマーケットで購入する
飲み物の入っているマグカップは
返却するとデポジットが戻ってくる仕組み。
※飲み物購入時に、
マグカップ代としての料金も上乗せされています。
c0351060_22092854.jpg

毎年絵柄が異なるらしいこのマグカップ。
思わずお土産に欲しくなる一品(旅の途中で割れてしまうのが恐いので、諦めて返却 泣。)。
c0351060_19525528.jpg


また、
マーケットのすぐそばにある

こんなオモチャ箱から飛び出してきたような
の前にあるコチラの建物は、
c0351060_20054414.jpg
c0351060_20125857.jpg


ケーテ・ウォルファルト
という
クリスマス雑貨をはじめとする
工芸品のお店。

まるでテーマパークのアトラクションのような
デコレーションの施された店内は、
見てるだけでもテンションが上がってしまいました(あいにく店内は撮影禁止)。


ますますクリスマスが
好きになってしまうような

ローテンブルグのクリスマスマーケット。

いつか昼間にも
このオモチャのような街並みを見に来よう
という気持ちを残し、

ニュルンベルクの街へ戻る電車に乗り込みました。


[PR]

by ice_oga | 2015-12-19 22:31 | アイスクリーム | Comments(0) |