ムール貝のピラフが食べたくて…乗り継ぎ時間にイスタンブールを散策。

トルコ航空利用でイスタンブール乗り継ぎの場合に受けられる、
嬉しいサービスがTour Istanbul.

諸々の条件を満たすと(イスタンブールでの乗り継ぎ時間が6時間以上、24時間以内でetc.)、
イスタンブールの観光ツアー無料で参加できるんです


以前、今回同様に乗り継ぎでイスタンブールを訪れた際
9:00~15:00のツアーに参加したことがあるのですが、

送迎つき、朝食つき、
更にトプカプ宮殿や地下宮殿など
有料の観光施設にも無料で入場できるという、

利用しないのはもったいないサービス!



今回の乗り継ぎでは
ツアー催行時間と時間が合わず、
参加を諦めかけていたのですが…

私の乗り継ぎ時間でも参加可能な
AM8:30~11:00までの短時間のツアーが最近始まったという
嬉しい情報を機内誌で発見!
今回はこの短時間のツアーに参加してみることに。


=Tour Istanbul 参加方法=
ツアー開始の30分前までに空港の到着ロビーにある
Hotel desk(STAR BUCKSの隣)に行き、航空券を提示するのみ。

c0351060_18445900.jpg

c0351060_18500542.jpg

※詳細、最新情報はコチラでご確認ください
トルコ航空のTour Istanbul HP




ツアー開始の時間になったら名前を呼ばれ、

案内されたバスに乗り込み、

ガイドさんのトルコについての説明を聞きながら、
イスタンブール市内へ。


トルコは、
国土の3%がヨーロッパ、97%がアジアに属し
人口の30%以上が25才以下の為、国民の平均年齢が28才と若めの国らしい。
(ちなみに、高齢化社会と言われる日本の平均年齢は46才で、年々平均年齢は上がっていく傾向にあるそうです)


ガイドさんの話を聞きつつ、
アジアとヨーロッパの程よいミックス感が
この国の魅力でもあるんだなぁ…


なんて思っていると、
バスが停まった。


“アヤソフィアやブルーモスクへ行く方は
ここで降りてください”


???


どうやら、
この短時間のツアーの場合、
各所で写真撮影ができる程度(5分くらい)停車しつつ
バスでサクッと見所を巡るツアーらしい。

短時間でイスタンブールの見どころを巡りたい人にはピッタリ。


一方、特定の場所を中に入ってじっくり観光したいって方には、
やはり時間が足りないようで、

街についたら
その後は自由行動(空港に戻るのも自力)を勧められます。


私は今回イスタンブールに立ち寄るにあたり、
ある目的があった為、

次にバスが停車したガラタ橋でバスを降り、
個人で街を散策することに。


その目的とは…
ムール貝のピラフを食べる事!!



初めてトルコを訪れた4年前、
あまりの美味しさに食べまくった

路上で売っているミディエ・ドルマスというムール貝のピラフ。


残念ながら前回、前々回イスタンブールに立ち寄った時は
見つけられず、涙をのむことに。



今回こそは食べたい!!
(もちろん、昨夜も探しましたが見つからず。。。)


そんな思いを胸に歩き始めた
ガラタ橋付近には、


釣り人がいっぱい。
c0351060_19052797.jpg

そして、イスタンブールの街中にはもいっぱい!

c0351060_20190091.jpg
c0351060_18594962.jpg
※橋の途中にはこんな可愛い猫のオブジェ?も。

猫好きの方には、堪らない街です。


ガラタ橋からの景色を楽しんだ後は、

c0351060_18565601.jpg
c0351060_20004958.jpg

そばにあるモスク
イェニジャーミーへ。

c0351060_19162506.jpg


イランぶりに
スカーフ(大概、入口で貸してくれます)で髪の毛を隠し、

モスクの中をぼーっと眺める。

c0351060_19295099.jpg



イランのモスクも美しかったけれど、

またひと味違う
トルコのモスクもその色彩、文様、形¨等々、
本当に美しい。



続いて、昨夜外観だけ見た
ブルーモスクへ行こうと歩いていると、

”Hey!”

と、通りすがりのお店の中から声をかけられた。


店の中に入ると、

”一緒に朝ごはんを食べよう”


”I Like my Life”が口癖の
陽気な店主のおじさんが


c0351060_19330907.jpg
その場で
ブレックと呼ばれるチーズ風味の食べ物とチャイをご馳走してくれました。

c0351060_19385214.jpg


”一緒にチャイを飲めばフレンドだよー”と話すおじさん。


そういえば、
前にイスタンブールに来た時も、
こんな風に街の至る所で、
チャイやお菓子をご馳走になっては、お喋りしたなぁ。
(稀に、絨毯などのお土産屋さんの勧誘の場合もありましたが…)


以前の印象と同じく、
とってもフレンドリーなイスタンブールの方と
しばしお喋りを楽しんだ後は、


ブルーモスク
c0351060_19451972.jpg

にたどり着いたのは、
観光客は入場できないお祈りの時間でした。

c0351060_19415086.jpg



気を取り直して、
途中で見つけたEfendiler Dondurmaというアイス屋さんへ。
c0351060_19501183.jpg

・ヨーグルト味
・ピスタチオ味(5トルコリラ)
c0351060_19544398.jpg


ヨーグルトもピスタチオも、
トルコでよく見かける食品のひとつ。

ベリーの入った酸味の効いたヨーグルトと、
c0351060_20314821.jpg

香りもよいピスタチオのアイスを堪能。
ここのアイスはトルコアイスというより、イタリアンジェラートという感じでした。



そろそろ飛行機の時間も迫ってきた。

今尚、巡り会えないムール貝のピラフ。

初めてイスタンブールに来たときには、
結構いろんな場所で売ってたのに…


記憶を頼りに
かつてお店が出ていた場所へ足を運んでみたけれど、

見つからない。


今の時期は旬じゃないのかなぁ。。。


最後の望みをかけて

お土産屋さんがたくさん集まる
グランバザールまで行ってみることに。

c0351060_20442901.jpg


!!

あったー!!

c0351060_20043677.jpg


一見、ただのムール貝に見えるコレこそが、
ミディェ・ドルマス。

”1個0.75。3個で2リラでいいよ。”
というお店のお兄さんのお言葉で、迷わず3個購入。


貝を開き、
(貝の中にゴハンが入ってるんです!!)
レモン汁をかけて、いただきます。
c0351060_20120329.jpg


美味しい~。
4年越しの思いが叶った瞬間♪


一回、お店を去った後、

次いつ食べれるかわからないし…


と、もう一回お店に戻り、3個をパクリ 笑。

ぜひ、今後トルコに来る予定のある方は、
この美味しさを味わってみてください。



美味しい料理に、美しいモスク、そして親しみやすい人々。
やっぱりイスタンブールは大好きな街


そうこうしてるうちに、
空港に戻らなければならない時間!


昨夜と同じように
トラムに乗り、メトロに乗って空港へ。

c0351060_19584177.jpg


いよいよ、次に降り立つ場所は
8ヶ月半ぶりの日本
[PR]

by ice_oga | 2015-11-01 15:45 | アイスクリーム | Comments(0) |