チェコ、プラハで久々のカウチサーフィン

クラクフから約12時間。

予定より遅れて翌朝の10:30頃に到着した街、プラハ。


ポーランドもチェコも
シェンゲン協定内なので、

入出国審査もないまま、
21ヶ国目、チェコに到着


気づけば2月に旅に出てから8ヶ月半。

南米→中米→ヨーロッパ→中東と旅をし、

そして10月も終わりに近づいた今、
再びのヨーロッパ。


日本出発時、
漠然とだけれども旅の期限を11月頃までと決めていた。



ここチェコのプラハを最後に
遂に日本に帰国します




…が、まだ旅は終えません。


プラハ発→日本行きの片道チケットではなく、

往復チケットを買いました。


やっぱり、
まだまだ旅をし足りない!!


暫し一時帰国した後、

ここプラハから旅を再スタートさせます。

そんなある意味、
この旅の区切りとなる街、プラハ。

あいにく到着時は
どんよりとした空模様。

c0351060_00123635.jpg


ここでは、
コロンビアのボゴタぶりに

カウチサーフィンで見つけたお宅に滞在予定


泊めてくれるホストの方との
待ち合わせの時間まで、


wifiも使えるバスターミナルで街の情報収集をし、
大きな荷物を預け(2ユーロ/個)、

c0351060_18512765.jpg

しばしプラハの街を散策。


しばらく歩くと、屋外マーケットに遭遇。

c0351060_18401228.jpg

c0351060_19334334.jpg

ブラブラしながら
お店を覗いていると
c0351060_20434761.jpg


甘い美味しそうな匂いが漂ってきた。

その正体は
チェコ国内でよく見かけるトルデルニークというお菓子。
c0351060_18444465.jpg

c0351060_18302330.jpg

外は直火で焼いてカリカリ。
中はモッチリのコロネ状のお菓子。

お好みでチョコソースを中にたっぷり塗ってもらう事も可能♪


再びバスターミナルに戻り、
c0351060_18374042.jpg

今回お世話になる
ペトラとの待ち合わせ場所へ。


そこに現れたのは、
モデルさんのようにスタイル抜群のペトラと、
ボーイフレンドのチェ

そして彼の友達の3人。


早速彼女のお宅に行き、
荷物を置いて、
みんなで夜ゴハンを食べに近くのショッピングセンターへ。


彼女お勧めのチェコ料理、
Svickova という、

ビーフストロガノフみたいな味のクリーミーなシチューに
饅頭の生地のようなダンプリング、
そこにクリームとクランベリージャムののったものを注文。
c0351060_18242354.jpg


"トォブレ(美味しい)!"

と、チェコ語も教えてもらいつつ食した後は、


トラムに乗って
彼女オススメの夜景ポイントへ。
c0351060_19275233.jpg



そこから見えるのは、

プラハ城
そしてカレル橋がライトアップされ
暗闇に浮かび上がる
c0351060_18462894.jpg


なんともロマンチックな景色!!



チェコを訪れた事がある方々が、
"プラハの街はとっても素敵だった"と口にしていた事に、

納得


彼女たちと橋を渡り、
周辺をブラブラしたりして、

美しいプラハの夜の姿に酔いしれました。
c0351060_18283069.jpg
c0351060_18310149.jpg

c0351060_23420670.jpg



そして訪れた翌朝、


…何やらペトラの様子がおかしい。


昨夜、寒い中をみんなで歩いた為か
なんと
風邪をひいてしまったらしい。。。

実はチェも昨日から風邪気味で、
今日は彼女自身も仲良く一緒に風邪でダウン。


そんな体調が悪い状態にも関わらず、
いろいろ気にかけてくれ、

二泊もさせてくれた優しい二人に感謝。
c0351060_18573624.jpg



やっぱり、
現地に住んでる方の家に泊まり、
一緒に時を過ごすと、

宿に泊まる時とは
また ひと味もふた味も違う印象をその街に対して抱く。


現地に住む人と一緒に過ごし、
同じ場所に滞在させてもらう為か、

その土地に対しての思い入れが強くなる気がします。

(前回利用した時のブログにも書いた通り)
なかなか泊めてくれる方を
探すのは大変なカウチサーフィンですが、

彼女たちと出会え、
プラハを私にとってより思い出深い
街にしてくれました。
[PR]

by ice_oga | 2015-10-29 22:59 | 街散策 | Comments(0) |