ナチスの強制収容所、アウシュビッツ

のどかな秋のポーランドの村。

c0351060_14362901.jpg

一見そう見えるこの場所は、

1940年頃、ヒトラー率いるナチス(国民社会主義ドイツ労働者党)によって大量虐殺、
いわゆる「ホロコースト」が行われた
アウシュビッツ強制収容所

そんな悲劇が起こった場所とは思えないほど、
今となっては穏やかな空気が流れるこの場所


「アウシュビッツ」と言う名前の方が聞き馴れていますが、
それはドイツ語での呼び名で、
現地、ポーランド語では
オシフィエンチム」というのがこの場所の名前。


今回はクラクフ発のツアー
行ってきました(100PLN)。
※中央広場近くのツアー会社で申込み

宿に迎えにきたバンに乗り込み、
約一時間半で到着。

敷地内はツアーで見学する形式。
(収容所内は、小さいバッグ以外は持ち込み禁止。
※入口付近に荷物預かり所もありました)

ARBEIT MACHT FREI(働けば自由になる)
と書かれた門をくぐりり抜けると、

c0351060_14460242.jpg

建ち並ぶ建物。

c0351060_19353899.jpg

これらの建物のほとんどが
囚人たちの住みかだったそう。

現在のところ、ホロコーストでは
150万人が犠牲になったというのが
有力な説らしいですが、

どこから、
どんな人が連れて来られたのか、
正確にはわかりきらない程、多くの人々が犠牲になったそうです。


その大半は
何が起こるかわからず
この場所にやって来た人たち。


新しい生活が始まると思い、
荷物をまとめ、お洒落をしてやって来た人々だったそう。

※当時この場所は、
カナダのようにいろんな民族がいて、
豊かな理想的な場所と思われており、「カナダ」とも呼ばれていたとの事。


ここにやって来た75%の人々は、
到着するや否や、
そのままガス室へ連れて行かれ、

"シャワーを浴びる"と聞かされてガス室の中に入り、

ガスが撒かれてから15~20分程度で命を落としたそう

これから起きる事を誤魔化す為に
脱衣所を設けたり、
タオルや石鹸を彼らに渡すことも
あったそうです。


ガス室に残った大量の遺体から
ジュエリーや金歯、女性の髪の毛などは残し、
再利用


犠牲者の方々の髪の毛で作った絨毯、
そして、
彼らの靴や眼鏡、鞄なども大量に残され、
建物内に展示されていました。

c0351060_19395904.jpg
c0351060_14493760.jpg

c0351060_15203108.jpg


その他、
当時の様子を物語る写真や、
連れてこられた人々の到着日と命日が記された証明写真の展示、

c0351060_14433367.jpg

寝室やトイレ、
牢獄も当時のものが残され、公開されています。

c0351060_15095555.jpg


建物の間にある
今尚、花が手向けられている壁は、
銃殺に使用された通称「死の壁」。
c0351060_19435066.jpg


そんな、
一度入ったら二度と命あるまま外に出ることは
許されないようなこの場所から
脱出を試みた人々もおり、
c0351060_15022565.jpg

800人が脱出し、その内140人程が脱出に成功したそう。



各建物内を巡り、
最後に案内された建物が、

火葬場が隣接されたガス室

c0351060_15265382.jpg

多くの人々が詰め込まれ、命を落としていった場所。


約2時間、
アウシュビッツ内を巡り、
c0351060_14575947.jpg


続いて向かったのが、

車で5分くらいの場所にある

「第二アウシュビッツ」とも言われる
ビルケナウ
c0351060_15383795.jpg

アウシュビッツより広大な敷地を誇るビルケナウ。

元々ここにあった街をナチスが破壊し、
その瓦礫も活用しつつ作った強制収容所。


列車1両に80人がギュウギュウに詰め込まれ、

列車が到着したら選別され、
80%はそのままガス室へ連れていかれ、命を奪われたそう。
c0351060_15460637.jpg


ビルケナウには、
犠牲者の為のモニュメントも設置されていました。
c0351060_15583451.jpg


ここでは、
人体実験も頻繁に行わており、
特に双子はその実験対象になったらしい。

その理由は、
双子の仕組みを解明し、
効率的にドイツ人の人口を増やそうとした
のではないかと、推測されています。

映画や小説の中のフィクションではなく、
現実に起こった出来事。


今日訪れたこの場所以外にも

世界中にはたくさんの
負の遺産がたくさんあり、

決して楽しい気分になれない場所に
敢えてお金を出してまでやって来る人がこんなにいるのに、


c0351060_16060305.jpg


どうして世の中から
悲惨な事件や争いは消えないのだろう。



一方で、
旅をしていると、
どこの国に行っても
どこの誰かもわからない私に対し、


本当に数えきれない程にたくさんの人が
親切に接してくれ、助けてくれてきた。



一番恐ろしいと感じるのも、
一番愛しいと感じるのも、人間


そんなことを考えさせられずには
いられない場所でした。


一日見学しただけではわかりきらない事も
たくさんあるけれども、

ポーランドを訪れた際は、
遡る事80年にも満たない時に悲劇が起きた場所にも、
立ち寄ってみてください。
[PR]

by ice_oga | 2015-10-27 18:20 | 街散策 | Comments(0) |