平和を絵に描いたような街、クラクフを散策

ワルシャワを出発したバスは、
まだ辺りも暗い早朝4:30に
クラクフのバスターミナルに到着。

この時間、
ターミナルは大部分が閉まっていて、
灯りがついている一角(室内)に皆、暖を求めて大集合してました
(6:00にターミナルが開くまでそんな感じ)。

c0351060_19291091.jpg

明るくなってきた頃、さっそく移動開始。


予約した宿への行き方に迷い、
バスターミナルの向かいにある、ショッピングセンターにもなっている駅で地図を眺めていると、
c0351060_19105959.jpg

助け船を出してくれたのが、
日本大好き!という大学生のフーバー。


彼が乗る予定のトラム乗り場よりだいぶ距離があったにも関わらず、
私が向かう宿方面へのトラム乗り場まで案内してくれた、
とってもジェントルマンな彼。

私より
日本のサブカルチャーにものすごく詳しかったです。


そんな彼とトラムがくるまでお話しし、
向かった宿は、HOSTEL B MOVIE(16.5PLN/泊。
住所:Stradomska 27/1, 31-068 Krakow
※朝食つきでワルシャワの宿のほぼ半額!バックパッカーには嬉しい宿でした♪)。
c0351060_19281747.jpg


荷物を置いて、
さっそくクラクフの街の中を歩いてみると、

かつての首都だけあって
立派な、それでいて可愛らしい建物が並ぶ。



馬車も走り、
フーバーをはじめ 街の人も優しいし、

なんだか平和を絵に描いたような街
c0351060_19124025.jpg
c0351060_18532410.jpg

c0351060_18435655.jpg

c0351060_19211019.jpg

そんなクラクフの街の中心ともいえる
旧市街へ向かう途中、

朝ゴハンがてらに
可愛いカップケーキのお店に寄り道し、
c0351060_18411564.jpg

至るところで見かけるパンの屋台
パンも買って、
c0351060_19324415.jpg


旧市街中央広場へ。
c0351060_19455598.jpg
c0351060_18572876.jpg

ここクラクフでも
ウォーキングツアーに参加。


ツアーの集合場所は中央広場に位置する、
二つの塔を持つ聖マリア教会の前。
c0351060_19300687.jpg


この教会の塔を建てたのは、とある兄弟。

怠け者の兄がわずか三ヶ月建てた塔と、
しっかり者の弟がより時間をかけて建てた塔で
高さが違ってしまったそう。



ここ中央広場の
中央に位置するのは
かつての織物取引所
c0351060_20371299.jpg
現在は
お土産屋さんが並ぶマーケットになってます。



中央広場の裏手にあるのは、
19世紀に出来たいろんな様式の建物。

c0351060_19022747.jpg

かつて、ナチスの本部がここにあったそう。


クラクフは、
今でこそ平和な街との印象ですが、
ドイツのナチス、その後はソ連のコミニストに翻弄された街らしい。



そして、
旧市街の北側の入口、フロリアンスカ門
c0351060_19182411.jpg

この門が始点となって
旧市街の南に位置する
ヴァヴェル城へのロイヤルロードとなっていたそう。



再び中央広場に戻り、
織物取引所を挟んだ聖マリア教会の反対側を歩いていると

目の前に現れる塔は、旧市庁舎
c0351060_20003652.jpg

※後日、再度訪れたところ、
中にはこんな衣装などが展示されており、
c0351060_20040059.jpg
階段を昇った先からは、中央広場をはじめクラクフの街を見下ろせました。

c0351060_20095748.jpg
c0351060_19335112.jpg


そんな旧市庁舎のふもとにあるのが、
”Love is blaind”を表現しているといわれる、
エロスの頭
c0351060_19400738.jpg


公共の場で飲酒禁止のポーランドで、
この中でコッソリとお酒を飲んでる人たちが居るとか、居ないとか。
c0351060_19522001.jpg


続いて訪れたのは、
ポーランド最古の大学、ヤギェウォ大学
c0351060_19370278.jpg


地動説を唱えたコペルニクスも学んでいた場所。

敷地内にある
このマスク水道で手や顔を洗うと
テストに合格出来るというジンクスがあり、

テストの時期になるとたくさんの学生たちがやって来るそう。
c0351060_19241815.jpg



大学の中をぐるりとした後は、
移動しながら教会巡り。

ここクラクフは、
旧市街内だけでも40の教会があるという
教会の多い街

c0351060_18343892.jpg


そうしてやって来たのは、
ヴァヴェル城
c0351060_20523836.jpg
11世紀に人気だったという白ブロック
バロック様式金の屋根…と、いろんなテイストが混じった大聖堂をはじめ、

複数の建物が城内に建ち並んでいます。
c0351060_19254673.jpg
c0351060_20231409.jpg



お城を最後に
ウォーキングツアーは終了。



たくさん歩いた後は、
美味しそうな音と匂いに惹かれ、

Placek Ziemniaczanyというポテトパンケーキ
(ソーセージ、ズッキーニ、パプリカが入って、なんだかお好み焼きに似た味でした)
c0351060_18341246.jpg

寒さ対策という名目で
Grzaniecと呼ばれるホットワインで一息。
c0351060_19381913.jpg


そして、
お洒落なチョコレート屋さんで
濃厚過ぎるチョコドリンクを飲んだり。
c0351060_18433627.jpg
c0351060_19073374.jpg
c0351060_18514071.jpg

中央広場にある
全てクラクフで作っているという、
クリスマスオーナメントのお店を覗いたり、
c0351060_18505407.jpg

夜が更けるまで
街中をブラブラしていると、
c0351060_19073387.jpg
c0351060_19243228.jpg


満点の広場を発見!!

c0351060_20365206.jpg



”まだ10月なのに、
ヨーロッパはさすがにクリスマスの準備が早いなぁ”


と、思っていたら
何かの撮影の為のセットでした(翌日には跡形もなく消えてました;)。



徐々に冬の足音も聞こえつつある中、
クリスマスの時期はより華やぎそうな街並みのクラクフを
丸一日 満喫♪


明日、明後日は
クラクフ郊外にも足をのばしてみます。

[PR]

by ice_oga | 2015-10-25 22:37 | 街散策 | Comments(0) |