ワルシャワで過ごす食欲の秋!芸術の秋!(SWIDERKI)

黄色に色づいた葉が
を感じさせるワルシャワの街。
c0351060_17264681.jpg



秋と言えば、食欲の秋!

という事で、
ワルシャワの街を散策しつつ、
美味しそうなものを食べまくり♪

まずは、小腹が空いた時にちょうどいい
ホットドッグ
c0351060_20542292.jpg
パンに切れ目を入れてソーセージを挟むのではなく、
筒状のパンの中にソーセージやケチャップが入っているのが、ポーランド風。


続いては、
ワルシャワ大学の向かいにある(バックパッカーの旅ではなかなか行く機会のない 泣)
オシャレカフェでイタリアンバーガー
c0351060_17441394.jpg

ベジタリアンカフェだったらしく、お肉不使用のハンバーガー。
不思議な甘さのソースが効いてました。

ポーランドでサラダを食べた時もこの不思議な甘さがしたので、
ポーランドでポピュラーなソース(orドレッシング)なのかと思います。
※あいにく正体は聞きそびれてしまいました。。。


そして、ポーランド滞在中、
毎日のように食べていた青ネギのポテトチップス
c0351060_19291240.jpg
旅のお供にいろんな国でたくさんのポテトチップスを食べてきましたが、
個人的にはこれが一番美味しかったです。

長期の旅でなかったら、確実にお土産として大量買いしていたはず。


そして、
ポーランドにきたら食べ逃せない、
ポーランド風餃子こと、ピエロギ

c0351060_23284298.jpg
餃子というより、
ラビオリ(パスタ生地の中にチーズや挽き肉が入ったもの)に近い印象。
具材もおかず系のしょっぱいものから、
デザート系の甘いものまでいろいろで、何種類も試したくなる一品。


そして、アイス。

街中でちょこちょこアイスの看板を見かけるものの、

店員さんの返事は
「アイスは今の時期はやってないよ」

というものばかり。

…確かに、この寒い気候の中、
アイスはあまり売れなさそう。

冬の(ような)ヨーロッパでは、
アイスクリーム巡り旅の
存続不可!?


との危機感を覚えましたが、
無事この時期でもアイスを売ってるお店を発見。
c0351060_18473769.jpg

アイスをこの時期売ってないお店の看板でもよく見かけた細長いソフトクリーム、
SWIDERKIをチョココーティングもつけて注文(6PLN≒180円)。
c0351060_18412798.jpg

c0351060_18433454.jpg

一般的なソフトクリームと何が違うのか店員さんに聞いてみたところ、
「堅めのソフトクリーム」との回答をもらったのですが、

思ったほど(…というより、全く)堅くない。

味はイランで食べたミルクアイスに似た、ミルク強めのバニラアイスでした。

こんな風にポーランドグルメを味わいつつ、

黄色が目立つメトロの入口で
c0351060_23360701.jpg

ガラス越しに黄色いフィルターを掛けたような街の風景の写真を撮ったり、
c0351060_17223367.jpg


マーケットで可愛い雑貨を眺めたり、

c0351060_20272703.jpg

公園内にある
ショパンの曲が流れるベンチを巡ったりしていると、

c0351060_17301146.jpg

c0351060_17153358.jpg

やたらと出会う中世風(コスプレ!?)の衣装を着た人々。
c0351060_18595045.jpg
どうやら、Muzyczny Szlak Stodmiesciaという団体が行っている
「ショパンと彼と関わりの深かった人物(?)」についてのウォーキングツアーの一端らしい。


話によると、
ワルシャワの街の随所を舞台に
演劇を交えながら行っているとのこと(NYのThe Rideのウォーキング版のようなもの)。

c0351060_19115892.jpg

秋といえば、芸術の秋!

ショパンの音楽、そして彼らの演技も楽しめるという、
なんだか面白そうな匂いがするので、参加!

…してみたものの、
全編ポーランド語。

あいにく、説明の内容は何一つ理解できず、

言葉がわからな過ぎて、
いつの間にかツアーは終わり、自由解散になっていたほど笑。
c0351060_19054989.jpg

言葉はなくとも、
彼らの演技や、
何も知らな一般の通行人が私たちを興味深げに眺めながら
行き交う状況を楽しんでました。

c0351060_18512674.jpg


そんなショパンの色濃い街、
ワルシャワともいよいよお別れ。

最後に夜のワルシャワの街をブラブラし、

c0351060_17104734.jpg


土曜日の夜ということもあり、
道の途中で怒鳴りあいの喧嘩をする若者や、
絡んでくる酔っ払いなどもちょこちょこいる中
(取り立てて、危険を感じる程ではないですが…)、


夜行バスに乗るため、
Dworzec Autobusowy Metro Wilanowska
というバスターミナルへ移動。

ちなみに、
バスターミナルに到着した頃、
既にバス会社の事務所は閉まっていたので、

事前にチケットは購入しておいた方が無難そうです。



ターミナルに到着して程なくして、次の目的地、クラクフ行きのバスがやって来た。
※Polski Busで25PLN(予約手数料1PLNを含む。前日にネットで購入済み)

座席は自由席なので、早い者勝ち(この日は満席でした)。
イランや南米のバスに比べると座席は狭めですが、
充電もできる差し口もあり、車内も暖か。

c0351060_19261752.jpg

バスはほぼ23:45の定刻通りに通りに、
クラクフに向け出発!
[PR]

by ice_oga | 2015-10-24 23:55 | アイスクリーム | Comments(4) |

Commented at 2016-04-06 17:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ice_oga at 2016-04-06 19:39
児島さん、お久しぶりです。パタゴニアからもう一年なんて、時が経つのはあっという間ですね! ブラジルもまだまだ夏の名残がある頃でしょうか??
ご指摘ありがとうございます(現地に居た日ではなく、更新日が表示されていたので修正しました)。書きたい事が多すぎて、現在滞在中のオーストラリアで、ようやく10月のヨーロッパの出来事を書いている程です(^^;
Commented at 2016-04-07 10:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-04-08 19:46
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。