シーア派の聖地、マシュハドへの道での出来事(Majon)

イラン最後の目的地は、
イスラム教シーア派の聖地、マシュハド

そんなマシュハドに向け、
ヤズドを出発したバス。

VIPバスなので、ゆったり目の座席で、
お菓子もついて快適♪
c0351060_16092294.jpg

c0351060_08351129.jpg

…と、思っていたら、
なにやら冷たい気配を感じる。

よく見てみると、
毛布替わりに体にかけていた上着が、
茶色い水でビッショリ濡れてる!

冷房の冷気によって出来た水滴が
天井を伝い、雨漏りのようにポタポタと私の上に落ちてきてる様子。

近くの空席に移動するも、

しばらくすると
その席も同じように雨漏り状態。


仕方なく諦めて、
ビショビショで不快な状態で眠りについた翌朝、

バスにパスポートチェックの警官(らしき人)が
乗り込んできた。


すると、


なぜか私たち日本人3人だけバスを降ろされ、
近くのテントのような建物に連行される。



そこで、
二人の警官に
持っていた携帯とカメラの中身をチェックされる事に


チェックする側の一人は
淡々と冷たい感じで、

もう一人は、
その人と私たちの仲介役のごとく
やや穏やかな口調で、

こんな事を聞いてきた。


・イラン国内のどこに行ったか?
・イラン以外にどこの国に行ったか?
・職業は?
・旅の資金をどうやって手に入れたのか?


(イスラエルに行った事は伏せつつ)
一通り答え終えると、

"ウズベキスタンには行ってないのか?"

と聞かれ、

「No」と答えているにも関わらず、

その後も何度も
ウズベキスタンについて問い詰められ続けられる事に。


ようやく解放されると思いきや、
今度は、私のパスポートにあった
エジプトビザを見つけ、再び質問攻め。

ナオキくん&ノブさんはエジプトには渡航していなかったので、
ふたりは先に解放され、

私だけ居残り。。。

たった今、答えたばかりなのにも関わらず、
「何の為にエジプトに行ったんだ!」
「どこに行ったんだ!」
と強い口調で聞いてくる。


寝起き+服も天井から滴る水でベッタリして
不快極まりない中、
何度も同じ質問をされるので、



だ~
か~
ら~、

ピラミッドが見たくて
エジプトに行ったんだって!!


と、段々とイライラしながら答え続け、


ようやくバスにかえして
もらえました。
(バスが私を置いて先に出発しちゃわないか、
検問中はずっとハラハラしてました。。。)

最後に、
仲介役のような人が

「これも、しなきゃいけない仕事だから」

と、一言。


その二ヶ国を問い詰めてきた理由は
定かではない。

万が一の場合に備えて
必要な事なのかもしれない。

けれど、
ただのいち旅行者としては、
やはり今回のような事はあまり気分がいいことではない。


以前も書いたとは思いますが、

旅をしていると、
キレイ事抜きで、シンプルに
"世界平和"を願わずにはいられなくなる。


このご時世、
簡単な事ではないのはわかってはいるけれど、

せっかく技術的には
世界を旅することが容易に出来る時代に生きているのだから、
世界中の人たちが、
どんな場所に行っても
懐疑心なしで、歓迎し歓迎される日が来て欲しい。



そんな風に思いつつ再び乗り込んだバスは、
無事マシュハドに到着!


3人でタクシーをシェアし、
目星をつけていた宿、
Vali's Non-Smoking Homestayへ。

無事空きがあり、ここに滞在決定!
(34000トマンor10USドル/泊。朝食なし※別料金でつけることも可。
初日ネットが繋がらず、wifiは弱いのかと思いきや、
実はルーターのケーブルが抜けていたことが発覚!
きちんと接続した後は、問題なく繋がりました)
c0351060_08470069.jpg


宿の方が出してくれた
ウエルカム チャイを飲み終え、

近所のお店のチキンケバブで
腹ごしらえした後は、
c0351060_08374342.jpg


早速マシュハドの街を散策開始!

すると、
何やら美味しそうなものを売ってるお店、
Taminsaraに遭遇し、

c0351060_19411929.jpg

盛り沢山のアイスを発見!!



Majon(マジョン)
(6500トマン)

c0351060_07185818.jpg

ヨーグルト、蜜(asar)、カシューナッツ、ピスタチオの粉末、ピスタチオ、胡桃、ゴマとナッツのペースト(khorma)、バナナ1/2本、

そこにチョコとバニラとサフランのアイスと、
ボリュームたっぷり!
c0351060_07331239.jpg
c0351060_08331617.jpg


まさに
(ピスタチオ等のナッツがふんだんに使用された)
中東のお菓子のいいところを
全部詰め込んだような、贅沢な一品。


店員さん達の話によると、
ナッツ(豆)の事をMajundeと言うそう。

c0351060_19344416.jpg

このMajonは、イラン風のナッツパフェと
いった様子。


美味しいアイスと、
いろいろ説明してくれた優しい店員さん達のお陰で

朝のバタバタ劇のマイナスな気持ちも拭い去ることもでき、

引き続きマシュハドの街をブラブラ♪

[PR]

by ice_oga | 2015-10-20 17:29 | アイスクリーム | Comments(0) |