ダイビングライセンス取得への道~前編~

先日入院した病院に行き、
再度血液検査。

結果を待ち、問診を受け、
問題なしとの事。

こうして、晴れてダハブに来た目的、
スキューバーダイビングのライセンス取得に取りかかれることに♪

c0351060_19555137.jpg

正直、泳げない+極度の運動音痴なので
無事ライセンスを取得できるのか不安大ですが、

旅先で出会う美しい海の中をもっと見てみたい!

という
気持ちだけをもとに、今回チャレンジを決意。

でも、
さすがに英語で講習を受ける自信はなかったので、
日本人インストラクターさんのいるダイビングショップを探しました。


ネットの情報によると、
Deep BlueもSEVEN HEAVENもダイビングショップがあり、
日本人インストラクターさんが居る場合もあるとのこと。


カイロに居た時に、
現在ダハブで働いているかもしれないというインストラクターさんのお名前を聞いたので、
その方のブログを見つけ、ご本人に連絡を取ってみたのですが…

あいにくその方は既に日本に帰国しており、
その方の知る限り、現在ダハブには日本人インストラクターは居ないとのこと。

でも、SEVEN HEAVENに日本人のスタッフさんが居るかもしれない
との情報をいただくことが出来、
今回はSEVEN HEAVENに最初から向かいました。


実際にダハブに来てみると、
日本人インストラクターのマサさんがSEVEN HEAVENにいらっしゃいました。
c0351060_00271196.jpg
※2015/11月頃にマサさんは他の国に移動されてます。
日本人インストラクターの在籍状況に関する最新情報は
ダイビングショップに直接確認していただければと思います。


ちなみにSEVEN HEAVENでは、
ダイビングライセンス取得の受講中、ドミトリーに無料で宿泊できます。



今回取得を目指すのは、↓の2つ。
・【オープンウォーター】
…水深18mまで潜ることが可能。

・【アドバンスド オープンウォーター】
…水深30mまで潜ることが可能。

アドバンスドまで取得すると、
世界中の大概のダイビングポイントで潜ることが出来るそう。

講習期間は平均5日間(オープン3日間+アドバンスド2日間)。

気になる料金ですが(2015/9月時点の価格です)
同時に2コース申し込んで3,140ポンド(または400USドル)と、
日本円で5万円前後でした

※他の場所だと、
オープンウォーターのみの取得で同じくらいの費用がかかるらしいです。


料金も魅力的ですが、
ダハブでライセンスを取得する最大の魅力は、

最初から紅海で講習を受けられること。
c0351060_16053249.jpg
c0351060_16032629.jpg
※この写真は、ダイビングではなく、ダハブのビーチの浅瀬で撮影したものです


通常、
はじめはプールで講習を行う場合が多いらしいのですが、
最初の講習時から、紅海の魚たちを満喫できるんです!



今回一緒に受講するのは、
大学生のコウダイ君と新人研修でエジプトに駐在中のミドリちゃん。

そんな若者お二人と、
講習開始!



講習のはじめは、
ダイビングに関するDVD観賞。


これが3時間くらい続き、見るだけでもなかなか大変。


そしてダイビングの機材を選び、
装着方法を学び、
潜水前におかしなところがないか他の人と互いに機材の装着状態をチェック(バディチェック)。


初めて使うダイビングの機材を背負って、
さっそく海の中へ。

オープンウォーターの講習は、
MashurabaLight Houseと言った宿から徒歩数分のところにある
透明度が20m(水中で20m先までクリアに見えるという程、海水がキレイ!)のスポットで行いました。


セカンドステージと呼ばれるタンクからの空気を吸う為の器具を口にくわえて
水中での呼吸の仕方の練習や、


マスクの中に水が入ってきてしまった時にマスク内の水を外に出す
マスククリアの方法などを学んでいきます。

ちゃんと呼吸できるようになるまで、
なかなか慣れない。。。

その為、何度も水が入ってきては
塩分濃いめの紅海の海水をの飲みまくり。


そんな感じで先行き不安。。。


ダイビングを開始して以降、

ちょうどエジプトの犠牲祭の祝日がはじまり、
リゾート地であるダハブが急に賑わい始めたり、
※犠牲祭では、ヤギを絞めて、振る舞います。
c0351060_15401377.jpg
カイロの宿で出会ったホリーさんが休暇でダハブにやって来て数日ぶりの再会したり、

チリのビーニャで一緒だったミカさんに5ヶ月ぶりに再会したり、

スペイン&エジプトと一緒に旅したチカさんの次の地への旅立ちを見送ったり
c0351060_15420353.jpg
c0351060_15385124.jpg
と、再会や別れもありつつ



数日間、
朝早く起きては、海に潜りに行き、

夜は筆記試験に向け、
もらったテキストを手元に勉強という日々が続きました。




[PR]

by ice_oga | 2015-09-24 10:42 | 街散策 | Comments(0) |