2年に1度の芸術の祭典、ビエンナーレ(メレンゲ)

ヴェネチアにやって来た目的は、

2年に1度(奇数の年のみ)開催される国際美術展覧会、
ヴェネチア・ビエンナーレを観に行く為(2015/11/22閉幕済)

c0351060_00514186.jpg
2つのメイン会場の他に、
ヴェネチアのあちこちで展示が行われる展覧会。
※会場によっては、無料で観覧可の作品もありました

その為、開催期間中は、
まるでヴェネチア全体が美術館。


そんなビエンナーレの会場に向かう途中、
別の展覧会にも遭遇したので、
c0351060_00485190.jpg
ちょっと寄り道して作品鑑賞♪
c0351060_00495098.jpg
c0351060_00503582.jpg


そして、
看板に従いビエンナーレの会場へ向かい、
チケットを購入し(2日券で30ユーロ)、
c0351060_00522879.jpg
メイン会場の1つ目、Arsenaleへ。

c0351060_01121258.jpg
広い会場敷地内を歩いてみると、
次々と目の前に現れる巨大な作品の数々。
c0351060_00585912.jpg
c0351060_01002589.jpg
c0351060_01010827.jpg
c0351060_01021341.jpg
c0351060_01032772.jpg
作品は「その場に」展示されているものに限らず、

どこからともなくやって来た数人組が
いきなりアカペラで歌いだしたり、
c0351060_00580063.jpg
男性がひたすら紙ヒコーキを飛ばし続ける、
c0351060_00594810.jpg
というような
人間の動作も作品の一部になっている ユニークなものもありました。


尚、Arsenaleの会場の対岸にも展示会場があり、

対岸へはボートを利用して移動したりも。
c0351060_01110959.jpg
c0351060_01113823.jpg
c0351060_01131781.jpg
c0351060_01141945.jpg
そんな風に、
各展示場所もユニークなこのビエンナーレ。

2年に一度行われるということもあり、
会場内には毎回特定の国が使用する各国の専用パビリオンも立ち並びます。


Arsenale内にある、
開催国でもあるイタリアのパビリオンの中は、
シックな雰囲気でした。
c0351060_01152353.jpg
c0351060_01052063.jpg
1日目はArsenale内の作品をメインに満喫。
会場を出て案内板に従って街の中心部方面に歩いていく途中に

店先でアイスも販売するお菓子屋さんに遭遇し、
アイスタイム♪

c0351060_01155730.jpg
・メレンゲアイス(1.5ユーロ≒210円)
c0351060_01183714.jpg
クリーミーなベースのアイスに、
サクっとしながらもフワフワな後味の大きなメレンゲ(↓の写真)が
混ぜこまれた甘~いアイスでした。
c0351060_01192542.jpg


2日目は、
もうひとつのメイン会場 Giardini へ。
c0351060_01394745.jpg
入口を通って、
各国のパビリオンも脇に並ぶ木々の間を通って行くと
c0351060_01364760.jpg
ギフトショップや、
様々なアーティストの作品が集まる会場。
c0351060_01354631.jpg
まずは、こちらの会場内を散策。
c0351060_01345830.jpg
c0351060_01373068.jpg
続いては、各国のパビリオンを散策。

はじめに、先日まで滞在していた国、
スペインのパビリオンへ。
c0351060_01210040.jpg
美術館も訪れた、ダリに関する展示や、
c0351060_01202857.jpg
日常の中には色が溢れているという事を
再認識させてくれるような

緑と白と黒で作られたキオスク風の作品も。
c0351060_01215431.jpg

外観も素敵なハンガリーのパビリオンでは、

c0351060_01233348.jpg
パイプの中をボールが転がる
無機質な空間に足を踏み入れると
c0351060_01241829.jpg
頭がこんな状態になったり!
c0351060_01230651.jpg
ロシアのパビリオンでは、
赤と緑の空間や
c0351060_01272063.jpg
インパクト大の超巨大ガスマスクの作品があったり。
c0351060_01261971.jpg


日本(イタリア語で"GIAPPONE")も、
もちろん出展。
c0351060_01275854.jpg
真っ赤な糸で繋がれた無数の鍵で構成された
塩田 千春さんの「掌の鍵」という作品。
c0351060_01285445.jpg
c0351060_01282855.jpg
会場に足を踏み入れた瞬間、
その色彩と紡ぎだされた形に思わずハッとなるような強い印象を受けました。


そんな印象深い日本館の作品を観た後も
まだまだ各国のパビリオン巡りは続き

まるでコンピューター空間の中にいるような
ドイツの作品や、
c0351060_01304300.jpg

出会った瞬間、思わず自分の目を疑ってしまったフランス動く木
(機械が取り付けられており、ゆっくりと木が横に移動していくんです!!)

c0351060_01315778.jpg
近くでみると、
その角度や高さからランダムに設置されているように見える芝生。
c0351060_01332281.jpg
こちらは、上から全体像を観ると
「PEACE」という文字になっているという、エジプトの作品。
c0351060_01340240.jpg
その他、
紹介しきれなかった国々の展示も、
観ているだけで思わずアドレナリンが出てきそうな
ユニークな作品がたくさん!

2日間かけて、
ゆっくり念願のヴェネチア・ビエンナーレを満喫することが出来ました。




[PR]

by ice_oga | 2015-09-05 19:30 | アイスクリーム | Comments(0) |