ミラノでイタリアンジェラート♪(Caramello al Burro Salato&Rosa al Cioccolato、CAFE ZERO゜)

イタリアにやって来た1つ目の目的、
ミラノ万博を満喫し、

続いては、2つ目の目的 ヴェネチア・ビエンナーレに向け
ヴェネチアへ向かいます。


ミラノ→ヴェネチアへのバスチケットは、
ミラノに到着した際に購入済み。

バスは1日1本(BUSCENTER.ITのバス。15:45発)のみの運行らしく、
価格は日によって変わるそうで、
9/3(木)発は11ユーロ(Tax5ユーロを含む)でした。


バスの時間まで、ミラノの街を散策。

まずは、
美味しそうなケーキも並ぶ
宿の近所のパン屋さんを覗き、
c0351060_10495186.jpg
c0351060_01432477.jpg
朝ごはんにイタリアらしくピザを調達♪
c0351060_10503062.jpg
c0351060_11011536.jpg
ピザもいいけど、
アイス好きとしてはやっぱり、

イタリアに来たからには、
イタリアンジェラートを食べたい!!


そんな想いを抱きながら、
まずはミラノ中央駅へ。
c0351060_01500582.jpg
これから旅に出る人、
旅から戻ってきた人の行き交う駅の構内をブラブラ。
c0351060_00574749.jpg
c0351060_10512118.jpg
一通り構内を見終えたところで
まだ時間がありそうなので、
先日訪れたドゥオモ周辺にも足をのばしてみることに。
c0351060_01503356.jpg

歩いていると、
こじんまりした小さなドームが複数ある
San Giorgio al Palazzoにたどり着き、
c0351060_01082291.jpg
c0351060_01535229.jpg
その目の前に
cioccolat Italianiというお洒落なジェラート屋さんを発見!
c0351060_10581206.jpg

店先にジェラートを売るお店をちょこちょこ見かけては、
買うべきか迷い続けていましたが、

今日のアイスはここのお店に決定♪

種類も豊富で迷った結果、
c0351060_10565416.jpg
店員さんにオススメを聞きつつ、
こちらの2つの味を注文。

Cono 2 Gusti(3ユーロ≒420円)

・Caramello al Burro Salato
・Rosa al Cioccolato

c0351060_10573746.jpg
Caramello…は色づきはほんのりですが、香ばしいキャラメルの味がしっかり。
Rosa…はホワイトチョコ入りの、バラの良い香りがするアイス。

日本で食べるジェラートよりも
柔らかで(でも、しっかりした)、滑らかな口当たりで、
コーンの底には甘いクリームがたっぷり入った最後まで美味しいアイスでした。

予算の都合上避けてしまいましたが、
こちらのお店では6スクープ入ったメガアイス

イートインでですが、 
"もはや料理!" なお洒落なデコレーションのアイスも販売されていました。


この辺でミラノ観光は切り上げて、
預けていた荷物を受け取りに宿へ戻ると…

!!!

宿の入る建物の入口に「15:00に戻る」との貼り紙がしてあり、
鍵が閉まってる!

宿からバスターミナルまでメトロを乗り継いで一時間程度かかる。
現在時刻は14:20。乗る予定のバスは15:45。

15:00に宿を出ては、バスに間に合わない!

1日1本しかないバスなので、簡単には乗り過ごせない。


ひとまず、貼り紙に書いてあった連絡先に電話。
…してみるも、宿の鍵を持ってるのは別の人らしい。


その後も諸々あり、
ようやく連絡がついた 鍵を持つスタッフさんの

”10分後に行く”

との言葉を信じ待ち続け…


14:50、ようやく宿のスタッフさんがやって来た!


急いで荷物を受け取り、

ファッションの都とも呼ばれるだけあって
お洒落な人々が行き交うミラノの街を

汗だくになりながら、大荷物を持って全力疾走!


その結果、
バス発車の5分前にバスターミナルに到着。

c0351060_10560237.jpg
無事ヴェネチアに向け、出発!
c0351060_02431474.jpg
途中の休憩場所で、
ミラノの街中で見かけて気になっていたフローズンドリンクを購入。

・CAFE ZERO゜ ESPRESSO味(3.1ユーロ≒435円)

c0351060_11014629.jpg
こんな不思議な形のストローでいただきます。
c0351060_11030832.jpg
c0351060_11023904.jpg
このストロー、唇にフィットして吸いやすい!
肝心の中身は、粒々氷入りでシャリシャリなのに滑らかな食感でした。


そして辺りも暗くなった21:00頃、
アドリア海を臨む水の都、ヴェネチアに到着。
c0351060_02484449.jpg
…でも、
バスターミナルらしきものも、職員さんらしき人影もなく、

近くにいるのはフェリーも待つ人々のみ。

バスを降りた場所がイマイチどこなのかわからず、
予約した宿への行き方がよくわからない。。。


ひとまず目の前にあったモノレールの駅から
モノレールに乗り、
c0351060_11040692.jpg
鉄道の駅を目指す。

辿り着いた駅付近でたくさんの人に聞きまくり、
なんとか迷いながらも宿の近くへ向かう水上バスの乗り場に到着。
c0351060_03160343.jpg
ヴェネチアの主な移動手段は水上バス。

小さな島々から出来ているヴェネチアでは、
その地形ゆえ タクシーを含む、自動車が乗り入れが出来ません。


そんな水上バスの船上から見る夜のヴェネチアの街
一人で見るのが申し訳なくなるくらい、とってもロマンチックな雰囲気

c0351060_11050091.jpg
c0351060_15082488.jpg
c0351060_11054519.jpg
移りゆく街並みをうっとり眺めている間も水上バスは進み、
たどり着いた停留所から歩くこと5分、

チェックインの締切時間22:30ピッタリに

今夜の宿、
B&B Venice Hazel(40ユーロ/泊+シーツ代5ユーロ。22:30を過ぎるとレイトチェックインとなり追加料金が発生します。ヴェネチアの中心部にあり場所は◎。住所:Castello 4977/A Fondamenta de l’Osmarin※ヴェネチアの宿は全体的に価格が高めで宿探しに苦労しました)に到着。


明日からさっそく、
目的のビエンナーレに行ってきます!

[PR]

by ice_oga | 2015-09-03 23:14 | アイスクリーム | Comments(0) |