一夜で3ヶ国横断!フランスを通り抜ける、スペインからイタリアへのバスの旅

次の目的地は、
イタリア北部の街ミラノ

スペインからイタリアへ陸路で向かうには、
両国の間にあるフランスを通り抜けて行きます。

時間とお金に余裕があれば、
フランスやその間にある小さな街などに立ち寄って行きたかったのですが、

あいにくどちらも余裕がないので、
今回イタリアで行われている期間限定の2つのイベント

・ミラノ国際博覧会(ミラノ万博)※2015/10/31閉幕済
・ヴェネチア・ビエンナーレ ※2015/11/22閉幕済

に行くことだけを目的に、
バルセロナから直接イタリアへ行くことに決めました。


バルセロナからは、
メトロのArc de Triomf駅近くにある北ターミナルから
17:30発のEurolinesのバスを利用(115ユーロ)。

何故か出発ゲートを示す掲示板に
これから私が乗るバスが表示されない。。。

仕方なく、インフォメーションの列に並び
言われた通りのゲートに行くも、なかなかバスがやって来ない。
周りの人たちに聞くも、誰も”ミラノ行きのバスに乗る”という人に出会えない;


出発予定時刻も過ぎ、弱冠不安になりつつ待っていると、
15分遅れでバスがやって来た。
c0351060_16151910.jpg
どうやら座席指定ではなく、自由席らしい。

車内は途中で雨漏りもあり
…快適な南米のバスが懐かしい。

ちょこちょこ停車しながらバスは進み、
20:30頃、ようやく30分休憩。
c0351060_17523483.jpg

22時頃、再びバスが停まると警察のパスポートチェック。

旅する方々にとっては
便利でもあり、不便でもあるシェンゲン協定のおかげで
出入国審査なしで移動できるヨーロッパの国々。

※シェンゲン協定は、
審査なしで国々を移動できるという長所がある一方、
シェンゲン協定圏内ならではの滞在日数の制限があったり、
協定圏内の2ヶ国目以降の入国スタンプがパスポートに捺されずちょっと物足りない…という一面も。

その分、
警察のチェックが厳しいのかな!?と思いきや、

”オゲンキデスカ?”

との一言と共に、パスポートチェックは簡単に終了。


気づけば時刻はAM1:30。
停まった休憩所の中に入ってみると、
c0351060_16221226.jpg
そこは既にお隣の国。

13ヶ国目、フランスに入国!(一応、国数にカウント)

店内の表示がフランス語。
ついに、アルゼンチン以降 約半年間過ごしたスペイン語圏を脱出

半年も居たのに、
スペイン語は話せずじまい。。。

”旅はジェスチャーとカタコト英語でなんとかなる”と、
改めて実感しました。


いつの間にか眠りに落ち、
AM5:00頃にバスが停まった場所で目を覚ませば、

そこは既に14ヶ国目、イタリア!
c0351060_17041695.jpg
ほんの僅かなフランス滞在。

なんだか呆気なくて、
ちょっぴり物足りない国境越えでした。


AM7:00頃、窓の外は美しい朝焼け。
c0351060_16163251.jpg
ほんのり朝霧もかかり、
「イタリア」と言って思い浮かべるような
イタリアらしい景色が窓の外に広がっていました。

オリンピックの開催地としても名の知れた
トリノにAM8:00頃に到着し、

その後も一旦休憩を挟み、
c0351060_16170663.jpg
AM10:00、ミラノに到着。
c0351060_16172440.jpg
バスターミナルに隣接している
LAMPUGNANO駅からメトロに乗って(1.5ユーロ)、
c0351060_16175623.jpg
c0351060_17052037.jpg
c0351060_16184039.jpg
予約した宿のあるDergano駅へ。

宿の住所通りの場所に辿り着いても なかなか宿が見つからず、
近くの薬局に入って聞いてみると、
お客さんとしていた親切なお兄さんがわざわざ外に出てきて教えてくれました。


ミラノで滞在したのは、
Affittacamere Hostel 3(17ユーロ/泊。朝食なし。住所:Via Ignazio Ciaia 5,20158 Milan)。
c0351060_16314244.jpg
ちょっと入口がわかり難いですが、
道路に出て、上を見上げると
宿の看板が見えます(歩道を歩いていたら見えない位置;)


早速今夜、
19:00以降の入場可能なナイトチケット(5ユーロ)で
ミラノ万博へ行く予定。

それまでの時間、ミラノの街を散策。
c0351060_16264970.jpg
「世界最大級のゴシック建築」とも言われる
ドゥオモ外観を見学し、
c0351060_17105499.jpg


天井のドームが美しく、
高級店が軒を連ねるガレリアへ。

c0351060_16270586.jpg
c0351060_16245646.jpg
ガレリアの床にあるこの牛のモザイク画。
c0351060_16255003.jpg
この、窪んでいる部分に踵を合わせて軸にし、
一回転(三回転という説もあり)すると、
再びミラノに戻って来れるというジンクスがあるそうです。
c0351060_16261160.jpg

ガレリア散策中、
”フリーのフードやワインがもらえるよ!”という
誘い文句にのってやって来たコチラ。
c0351060_16321830.jpg
Puglia(プッリャ)というイタリア南部の地方の
プロモーションイベントが行われていました(期間限定のイベント)。

”南イタリアは太陽がよくあたるから、より良いものが生産できるんだよ”

という事で、プッリャで生産された
ワインやフルーツ、オリーブオイルなどを試食♪
c0351060_16273926.jpg
c0351060_16280808.jpg
c0351060_16304174.jpg
いつか、
美味しい物巡りをしに、Pugliaも旅してみたい!


お土産に、
オリーブオイルまでいただいちゃいました♪
c0351060_16311261.jpg
街中も散策したところで、
いよいよミラノにやって来た目的、ミラノ万博の会場へ向かいます!



[PR]

by ice_oga | 2015-09-01 19:30 | 交通・移動 | Comments(0) |