フィゲラスにある異空間、ダリ美術館

バルセロナから日帰りでも行ける街、フィゲラス


ここには、
前回バルセロナを訪れた際に時間が足りず行けず、
ずっと心残りだった場所がある。


それは、
ぐにゃっと曲がった時計の絵や、唇型のソファーで有名な

(若い頃の姿は「名探偵コナン」に出てくるあの探偵にも似ていると評判の)
スペインの画家サルバドール・ダリの「ダリ美術館」。
c0351060_17123342.jpg

そのダリ美術館へ、

先日スペインで再会を果たしたアサミさん(彼女も現在バルセロナに滞在中)と一緒に行ってみることに。


バルセロナからフィゲラスへは、
メトロの駅も隣接するrenfeのサンツ駅(SAN ESTACIO)から電車を利用(片道16.8ユーロ)。
※列車乗り場への入場時、荷物検査あり
c0351060_13184398.jpg


まるで「走るオフィス」のような
机とライトも設置された快適な列車で55分、
c0351060_14350427.jpg

c0351060_13175852.jpg

美術館の最寄駅
FIGUERES-VILAFANT駅に到着。

c0351060_13194143.jpg

駅構内で
さっそくダリを発見!
(↓ダリの写真を撮っていたらモデルになってくれたオジサマ付き)
c0351060_16553621.jpg


美術館への行き方を駅のインフォメーションで尋ねてみた結果、

スタッフの方に勧められるがままに、
ちょうど駅前に停まっていたバスに乗車し、美術館へ移動(1.7ユーロ)。
c0351060_13211127.jpg
※美術館までは徒歩でも十分行ける距離なので、帰りは徒歩で駅に戻りました。



バスの運転手さん曰く、
ダリ美術館まで徒歩3分の場所でバスを降り、


道の途中でスーパーに立ち寄り、


陽気なおじさんたちのいるお肉コーナーで
生ハムチーズ
c0351060_22552197.jpg

c0351060_13215720.jpg
※スペインのスーパーには、見るからに美味しそうな生ハムが並んでます

そしてパンも買って

近くの公園で
即興サンドイッチ朝ゴハン♪

c0351060_13223517.jpg

c0351060_13224924.jpg
朝の静かな公園で、
美味しい生ハムのサンドイッチを頬張るという、

ささやかながらも贅沢な時間♪




サンドイッチを食べ終え、
再び美術館に向かって歩きはじめて見えてきたのが、


真っ赤な壁メロンパン(?)
c0351060_14495046.jpg

上には玉子人間(!?)が載った、
c0351060_17372812.jpg

見るからに独創的ダリ美術館



美術館の入口側へとまわり、
c0351060_13260609.jpg

いよいよ
念願の美術館の中へ(12ユーロ)。


フェイゲラス劇場跡地を利用し
1974年に開館したこちらの美術館。


まず目に入って来たのは、
ハンプティ・ダンプティのような不思議な画たち。

c0351060_15224053.jpg
そして、
中庭にある数々のオブジェ。
c0351060_13280545.jpg

c0351060_15225987.jpg

1ユーロ硬貨を入れると、
車内に雨が降るこちらの作品をはじめ、
c0351060_13271944.jpg

館内は
彼の遊び心満載の作品のオンパレード
c0351060_17185517.jpg

c0351060_13305493.jpg

c0351060_13322683.jpg

黄金色に輝くパンや、
c0351060_13291121.jpg


こんなところにアレアレアレが!!

…というような、
どこか奇妙で面白い作品の数々

c0351060_13283363.jpg

c0351060_13385529.jpg

c0351060_13300214.jpg

c0351060_15391512.jpg
(有名なあの作品の真正面には、なんと!日本の羽子板が置いてありました)
c0351060_15541918.jpg


毒々しいものから
可愛らしいものまで所狭しと並び、

彼が作り出した異空間に迷い込んだような気分を味わえるこの場所は、



来てよかった!と思える、
面白さ満点の美術館でした。



お土産には、
ダリのチャームポイントである髭グッズもオススメです♪
c0351060_13332244.jpg

こうして、
6年越しの思いでやって来たダリ美術館も満喫し、

サッカー観戦したり、
トマトまみれになったりして約3週間過ごした

スペインともついに今日でお別れ



バルセロナに戻り、
駅のコインロッカー(24時間:5.2ユーロ)に預けていた荷物をピックアップし、
c0351060_17025883.jpg

スペインで再会し、
一緒にダリ美術館を楽しんだアサミさんに別れを告げ、



次の目的地に向かう為、
バスターミナルへと急ぎます。


[PR]

by ice_oga | 2015-08-31 17:00 | 街散策 | Comments(0) |