ヨーロッパに突入!12ヶ国目スペインに到着

12ヶ国目、スペインに到着!

ついに、ヨーロッパの旅のスタート

中南米の旅を終えた後は、
スペインイタリアを廻り、その後は中東へ向かう予定。
c0351060_11290523.jpg
無事マドリードの空港で入国スタンプを捺してもらい、
空港内を走る列車に乗り、
c0351060_11295673.jpg
荷物をピックアップし、

メトロに乗ってマドリードの市街地へ。
c0351060_19122679.jpg
さっそく券売機でメトロの切符(5ユーロ)を買おうとしたところ、
切符が出てきていることに気付かず、誤って同じ切符を3枚も購入;

しかもクレジットカード払いで。。。

なんとか係員の人に払い戻しの手続きをしてもらい
c0351060_11360666.jpg
c0351060_19130294.jpg
宿の近くのAnton Martin駅へ。

今回予約した宿はCat’s Hostel
(10ユーロ/泊。住所:Calle Cañizares, 6, 28012 Madrid)。
街の中心部にあり、大概の場所へ徒歩で行くことができ便利でした。


チェックインを終え、
さっそくマドリードの街を散策開始。
c0351060_21360728.jpg
”スペインの夏は日本に比べて湿気が少なく過ごしやすい”との
話を聞いたことがあったけれど、

本当に過ごしやすく、夏が大好きになる気候♪
(もちろん、直射日光下は暑いです!)


まずは、
マドリードに来たら行ってみたかったプラド美術館へ。

ゴヤの裸婦像(裸のマハ)が所蔵されている事でも有名なこちらの美術館、
なんと、毎日閉館2時間前から入場無料!

その時間を狙っていくも、皆同じ考えらしく
美術館の入り口から延びる長蛇の列。
c0351060_19475676.jpg
閉館までに館内に入れるのか心配になるも、
列が進む時は一気に大人数が進むので、わずか10分程で無事入場できました。
c0351060_19190155.jpg
c0351060_19553977.jpg
ピカソの絵画の期間展もやっていて見応え抜群の美術館。
館内は広い為、やはり2時間では観きれず。
しかも、閉館15分くらい前にはどんどん部屋が閉められて出口へと誘導されてしまう。

マドリード滞在中、
時間のある時を見つけては、3回も訪れちゃいました。

そんなプラド美術館のすぐ近くには
教会(iglesia de los Jeronimos)があり、
c0351060_21353439.jpg
中に入ってみると、
同じキリスト教の教会であっても、
中南米のキリスト教の教会とはどことなく雰囲気が異なり、

ヨーロッパ感が漂う。
c0351060_21393954.jpg
c0351060_21400828.jpg
こうして、ヨーロッパにやって来たことを実感。


そしてスペインに来て最初の夜は、

スペインと言えばこの料理!
ホステルのアクティビティで
巨大鍋で提供される「パエリア」の夕ご飯に舌鼓(3.5ユーロ)。
c0351060_20080980.jpg
c0351060_19135570.jpg
巨大鍋で作るだけあって、出来あがるまで結構な時間がかかり、
完成した頃にはお腹もペコペコでした。

パエリアを食べ終えた後は、
このアクティビティで知り合った
ユウさん、オーストリア人のサミー&お兄ちゃん達と一緒に

同じくホステルのアクティビティである
Pub Crawlに参加することに(12ユーロ)。
※Cat's Hostelには毎晩Pub Crawlの勧誘のお姉さんがやって来ます。

c0351060_19574021.jpg
c0351060_19200071.jpg
各お店で1ショット付きでP、UBを3軒ほど巡ります。
c0351060_19585537.jpg
3軒目にたどり着くころには4:00AM。
最後のお店は男性はハーフパンツNGとのドレスコードがあるお店。

サミー達がひっかかり、もういい時間ということもあり、
結局3軒目に入る前に私たちは宿に戻り、

こうしてスペイン1日目は終了。





[PR]

by ice_oga | 2015-08-10 05:00 | 交通・移動 | Comments(0) |