メキシコシティから行けるピラミッド、テティオワカンで太陽のエネルギーを注入

ピラミッドというと、エジプトのピラミッドを思い浮かべる方が多いかと思いますが、ここメキシコにもいくつかピラミッドがあります。

その中で、メキシコシティからアクセスしやすいのが、
テティオワカン(64メキシカンペソ)。

今回ダビッドさんの車で向かったのですが、
駐車場まで行く途中にズラリとレストランが並び、なかなか客引き合戦が激しい様子。

入口近くには、帽子がたくさん売られるお土産屋さん。
ピラミッドの上は日陰がないので、日除けの帽子は必須です!

車を降りて間もなく、巨大なピラミッドが見えてきた!
c0351060_09005739.jpg

ここテティオワカンには太陽と月の計2つのピラミッドがあります。

まずは「太陽のピラミッド」。
c0351060_05293743.jpg
ピラミッドの登る為に、なかなかの行列が出来てる。

急な石段で、風も強く、人で溢れかえっているので、
転んだりしないよう気をつけながら進んでいく。
c0351060_09353143.jpg
ピラミッドの頂上では
みんな手をあげて太陽のエネルギーを身体に注入中
c0351060_16482026.jpg
私たちも思いっきり
太陽のエネルギーをいただいていきます♪
c0351060_16282103.jpg
頂上でしばしのんびりした後は、
c0351060_03142144.jpg
太陽のピラミッドの先にある「月のピラミッド」へ。
c0351060_03212781.jpg
こちらは途中までしか登れないのですが、
登った場所のとある場所で手を叩くとエコーがかかって不思議な音が聞こえるとの噂。


パンっ、パンっ

…と
実践してみるも、うまくいかず普通の手拍子の音しかせず失敗;

ぜひ今後テティオワカンにいかれる方は、
不思議な音が聞こえる場所を探してみてください!

c0351060_03291435.jpg
太陽のピラミッドの向かいには、柱に壁画も残る遺跡も。
c0351060_03542968.jpg
石と石の間に小石が埋め込まれてる
ピラミッドや向かいの遺跡に施されているデザインは、
家の外壁やリビングの壁に使いたくなる程にお洒落。
c0351060_03180585.jpg

このテティオワカンの遺跡には、
アステカ文明とはまた異なる部分もあるらしく、まだまだ解明できていない謎が
多く残っているそう。


そして、テティオワカンでは
ジャガーの鳴き声風の音を出せるジャガー笛(あちこちで小さい子たちが吹いていて、思わずお土産に欲しくなる!)や、
メキシコ感たっぷりのこんなトンガリ帽子も敷地内で販売されてます。
c0351060_04004418.jpg


そんなテティオワカンを満喫した後は、
ある人との再会を目指して、コヨワカンへ。


今夜は、
カナダでのワーホリ時代の友人、メキシコ人のアマリアと再会予定♪
前回メキシコを訪れた時に会って以来の、実に8年ぶりの再会も今回メキシコにやって来た楽しみのひとつ。


テティオワカンからメキシコシティへの途中で道に迷ったり、
土砂降りにあったりで、約束の時間から1時間近く遅刻して待ち合わせ場所に到着。

電話やwifiも思うように使えず、
待ち合わせした店にも彼女の姿が見えず、
もしかして今日は会えないかも。。。

そんな不安を抱えながら、近くの公衆電話がありそうな店に入ってみると、


誰かが私の名前を呼んだ!


振り返った先に居たのは、

アマリア!!

8年ぶりに会った彼女はすっかり大人の女性に。
でも、彼女の優しい雰囲気は、カナダ時代から変わらず。


8年の月日を経ても、こうしてまた会えたことに感激。
思い出話や近況報告をしつつ、アマリアを交えて4人でメキシコ料理に舌鼓。
c0351060_03345084.jpg
前回メキシコに来た際は、
オアハカという街にある彼女の実家にお世話になりました。

今回、18日から数日間、そんな懐かしのオアハカにも立ち寄りつつ、
彼女と一緒にメキシコを旅します。


そして、本日の朝兼昼食は、
トスタダ デ パンチッタ
トルティーヤの上に具材(今回はヤギ)をたっぷり載せていただきました♪
c0351060_04044762.jpg

すっかりメキシコのサルサ(ソース)の虜になり、毎食たっぷりかけてます♪


[PR]

by ice_oga | 2015-07-05 23:06 | 街散策 | Comments(0) |