マチュピチュ行きの準備開始!

南米の代表的な観光地のひとつ、
マチュピチュへのアクセス都市、クスコに到着(実際の到着日は曇りでしたが、晴れるとこんな感じ)。

c0351060_12154552.jpg

空気が薄いせいなのか、
珍しく夜行バスであまり眠れず寝不足のまま到着したCruz del Surのバスターミナルでしばし休んだ後、
タクシーで、予約していた Kurumi Hostelへ。
※16ソレス/泊。朝食あり(到着日も提供してくれました♪)、wifi弱め。
マチュピチュへ行く間、大きい荷物を預かってくれます。
住所:Calle Arcoiris 488, 084 Cusco(アルマス広場から近いですが、急な坂の中腹にあり)

c0351060_09422698.jpg
「クルミ」というので、てっきり日系のホステルかと思いきや、
アマゾンの言葉でKURUMI=『虹』という意味らしく、
日本語の「胡桃」とは全く無関係とのこと。


ここで、ラパスの宿で出会い、
一緒にマチュピチュへ行く約束をしていたトモヨさんと無事再会。


さっそくマチュピチュへ行く準備開始!


アクセス都市とはいえ、クスコからマチュピチュまでは100㎞以上離れている為、
マチュピチュまでの移動手段+入場券の確保が必要。


クスコからマチュピチュへの【行き方】は、
いろんなブログなどで紹介されていますが、主に以下の4つ。

①クスコ(ポロイ駅)→列車でマチュピチュ村(Aguas Calientes)へ
②クスコ→バンで水力発電所→徒歩でマチュピチュ村へ
※線路に沿って3時間歩く、「スタンド バイ ミー コース」とも呼ばれる、映画さながらの道のり。
③クスコ→バンで水力発電所→列車でマチュピチュ村へ
④クスコ→バンorバスでオリャンタイタンポ駅(オリャンタイタンポ周辺の観光付きのツアーもあり)→列車でマチュピチュ村へ


そして、
マチュピチュ村からマチュピチュへは、バスまたは徒歩で山を登る。



お金に余裕のある方、時間のない方は、
クスコからの日帰りも可能な(片道60USドル以上、高い列車の場合は500USドル程度するらしい;)。

バックパッカーに人気なのが、行きは②帰りが④という、
節約もでき、スタンド バイ ミーチックな冒険気分も、ペルーレイルにも乗車も体験できちゃうコース。

マチュピチュまで線路の上を歩いて向かうなんて、
(実はスタンドバイミーをちゃんと観たことはないけど:)面白そう+*

…と、私は日本にいたころから、マチュピチュへは②で行きたい!と思っていたところ。
でも、水力発電所までガタガタの山道を6時間以上バンで走った後に3時間線路の上を歩くのは
とてつもなく しんどいとの話を、出会った旅人の方々から聞いたり、ネットで見かけたり…

その為、
行きは②、帰りは②③④のどれにするか検討中。


尚、入場人数に制限のある【マチュピチュの入場券】は、事前購入が必須。

ツアー会社(旅行代理店)に手配を頼む or 文化庁で個人購入。
または、マチュピチュのHPからネットでも事前購入できるのですが、
なぜか私が試みたときはエラーになってしまい購入できず(英語表示にしていたのが原因?)。。。

入場券も、
・マチュピチュのみに入場するもの、
・マチュピチュ+ワイナピチュorマチュピチュ山への登山を含むもの、
・マチュピチュ+博物館入場を含むもの
…など種類が様々。

中でも、ワイナピチュ登山とのセットは人気が高く、
2週間近く前にネットで確認した時点で既に売り切れでした。
ワイナピチュ登山を希望する方は、早めの入場券購入をおすすめします。

せっかくマチュピチュまで行くので、
私は「マチュピチュ入場+マチュピチュ山登山」(ワイナピチュは売切の為、断念)を希望。


クスコにはたくさんのツアー会社があり、
何軒かツアー会社をまわり価格や内容を検討した結果、

【移動】
往復ともに②のスタンドバイミーコースで、バンのチケットのみ購入(ツアー会社で65ソレス)。
マチュピチュ村→マチュピチュはバス(早朝なので;※チケットはマチュピチュ村で現地購入)、
マチュピチュ→マチュピチュ村は徒歩。
マチュピチュ村の宿泊先(2泊)は現地で確保予定

【入場券】

マチュピチュ+マチュピチュ山の入場券を個人で購入(145.83ソレス ※カードで支払い時。現金の場合142ソレス)。
※クスコの文化庁(Museo Historico Regionalの近く)で購入

c0351060_09464364.jpg

という方法にしました。

移動費は、アルマス広場から1本入った坂(Suecia通り)の途中にあるツアー会社(QORIANKA TOURS)で
「2泊3日でも70ソレス」のところ、値引き交渉の末に65ソレスで決着。

帰りは④の列車も検討したものの、
やはり値が張る為(列車を運行するペルーレイルの事務所にも行きましたが、安いものでも片道60USドル以上)、
今回頑張って歩くことに!



※参考までに、ツアー会社の相場は(通貨がバラバラで分かりにくいですが…)こんな感じでした。

・往復ともに②+初日の昼食+マチュピチュ村の宿泊+マチュピチュ入場券のパックツアー
=110USドル(マチュピチュ山登山は+10USドル)
・行き②、帰り④+初日の昼食+マチュピチュ村の宿泊+マチュピチュ入場券のパックツアー
=170USドル
・往復ともに②の交通費(バン)のみ(1泊2日の場合)
=70ソレス ※③の場合は+28USドル(現地で列車のチケット購入の場合)
・往復ともに②の交通費(バン)のみ(2泊3日の場合)
=90ソレス



マチュピチュ行きの準備も整ったところで、クスコの街を散策し始め
発覚したことは…

クスコはゴハンが安くて美味しい!!

メインのアルマス広場周辺は観光客向けなのでややお高めですが、
メルカド(中央市場)をはじめ、

c0351060_09530932.jpg

地元の方向けの食堂では、
具だくさんのスープ(Sopa)+メイン(Segundo)+飲み物(マテ茶 or ジュース)の
本日のメニュー的なセットがあり、4~8ソレス(≒160~320円)程度でお腹いっぱいになります。

c0351060_10032909.jpg

c0351060_10140178.jpg


数あるお店の中で個人的にハマったのが、
ベジタリアンレストラン「EL ENCUENTRO」
※住所:Tigre Street 130

c0351060_10451903.jpg


c0351060_11073275.jpg


断然、「野菜より肉派」な私ですが、

ここはアルマス広場から近いにも関わらず、
安くて美味しく(本日のメニューでは、パン・スープ・メイン・マテ茶で5ソレス≒200円)、
店内も清潔感があり、クスコ滞在中に何度も訪れてしまいました。

c0351060_10221127.jpg

c0351060_10282594.jpg

お腹も満たし、
明日からの2泊3日のマチュピチュへの旅の準備も万全!


[PR]

by ice_oga | 2015-05-16 22:59 | 街散策 | Comments(0) |