サンティアゴ ウォーキングツアー②

今日は先日とまた違う団体、

Tours 4 Tips」が催行する


サンティアゴウォーキングツアー

ムリエルと一緒に参加。




集合は、AM10時に国立美術館前。



リアルな("ウォーリーを探せ"の)ウォーリーの

ガイドさんから


まずは、

サンティアゴを象徴する3つのキーワードを聞いてから


ツアーはスタート。

c0351060_10572765.jpg


【サンティアゴを象徴する3つのキーワード


①チンパ チリは階級社会らしく、どこに住んでいるかも重要視されるらしい。


②アミニータ 亡くなった後、聖人になった人。イノセントで悲劇的な亡くなり方をした人(事故死した子供など)が主。


③テレモト 地震。チリは毎日3回地震が起きてるほどの地震大国。チリ名物のカクテルの名前でもある。





本日のツアーについて軽く説明を受けた後、
先日も訪れた中央市場へ。


c0351060_11073922.jpg

この市場はかつてはアルマス広場にあり、

1864年に現在の場所に移ってきたそう。


魚介がメインのこの中央市場は、

National Geographic誌の世界の市場ベスト5にも選ばれたことがあるらしい。

c0351060_11175172.jpg



中央市場を出て、


露店(主にセビーチェ)が連なる橋を渡った先には、

また別の二つの市場




屋根の形がユニークなこの市場では、
チーズや、フルーツなどが売っており、2階は食堂になってます。

c0351060_11242366.jpg

もうひとつの市場は、

500もの店が入っているベガ市場



サンティアゴにはペルー人が多いらしく、


ペルー料理の食材(下の写真はペルー料理に使う唐辛子)を扱うお店も市場にはたくさん入っています。


c0351060_11271361.jpg



人もたくさんで、活気あふれるベガ市場。

c0351060_11302073.jpg



3つの市場のを訪れた後は、

メトロに乗ってCementeriosという駅へ。



ここにはサッカー場 117個分の広さを誇る

広大な墓地があります。


墓地と言っても、

ピクニックやお散歩に来る人もいるような


明るい雰囲気の場所。




パッと見、

団地のような建物はミドルクラスの人々のお墓。

c0351060_11333412.jpg


サンティアゴの墓地事情は、


お墓を購入する人、

3~4年だけ借りる人など様々。


ひとつの場所に15人程の遺骨が入っている場所もあるらしい。



お金持ちの方々はそれぞれ個別のお墓もあるなど、


お墓にも階級が顕著に現れるそうキーワード①)。




1930年頃チリは豊かだった為、

その頃建てられたお墓は特に豪華



エジプト風、

c0351060_13430589.jpg

インカ風、

c0351060_13400513.jpg


イスラム風(こんなApple store風のお墓も)。

c0351060_11485466.jpg

そんな数あるお墓の中で目をひくのが

プレートがたくさんつけられたお墓。



これこそが、

アニミータのお墓らしい(キーワード②)。

c0351060_11462682.jpg

アニミータのお墓に願い事を書いた紙を供え、

願いが叶ったらお礼参りに来てプレートを貼るという


ならわしがらあるそう。




最後は、

チリの歴史についてガイドさんのお話を聞き、


噂のカクテル、テレモト(=地震)を味わって

ツアー終了(キーワード③)。

c0351060_11414508.jpg


ツアーの後は、
参加者の方々と中央市場に戻ってランチ。


c0351060_11372320.jpg

先日参加したツアーとは

コースもガイドさんの街の見せ方も違った今日のツアー。



時間があれば複数のツアーに参加し、

いろんな角度から街を散策するのも


また良しです。


[PR]

by ice_oga | 2015-05-02 22:50 | 街散策 | Comments(0) |