パイネ国立公園、満喫DAY

自然豊かなパタゴニア地方に位置する

パイネ国立公園の1dayツアー


ウシュアイアから同じ旅路を辿ってきている

チンニーアランドと一緒に参加。






予定より30分遅れて

朝8:00にホステルに迎えに来たツアーバス。




市内の複数のホステルから次々にバスに乗り込んでくる

このツアー参加者のほとんどは、


ウシュアイア➝プエルトナタレスまでの旅路のどこかしらで会ったことのある顔ぶれ。




どうやら

パタゴニアをまわる旅人たちの行動パターンは一緒らしい。





エルカラファテ発のバス➝プンタアレーナスの宿までずっと同じルートを辿ってきたイタリア人のエノリカ


お約束のように、

途中で同じバスに乗り込んで来た。





私に気づいた彼女が


「これ忘れたでしょ?」と差し出したのは、私の服。




彼女と一緒に泊まったプンタアレーナスの宿に

忘れてきていたらしい。





旅を始めてまだ2ヶ月にも満たないのに、

ものすごい勢いで忘れ物や失くし物、続出中



旅をされる方、

くれぐれも忘れ物にご注意を


 






ツアー参加者をピックアップし終えたバスは


9:00少し前に
本日最初の目的地、ミラドンの洞窟に到着(入場料4,000チリペソ ※ツアー代と別途要)。


バスの降り場から洞窟の入口へと続く道からは、
こんな素敵な朝焼けの照らされた山々の姿も見れたり。


c0351060_20220154.jpg


この洞窟の名前にもなっているのが、

c0351060_20332582.jpg


入口で待ち構えているミラドン

c0351060_20342863.jpg

ミラドンとは、

昔々この辺に生息していたといわれる生き物(現在は絶滅)。



ミラドンの洞窟内では

長年の月日を経て出来上がった地層がよく見える。


きっとミラドンも、

このどこか土を足で踏んでいたのかな。

c0351060_20510173.jpg




ミラドンの洞窟の後に向かったのが、

この辺で一番大きい湖、Laguna Toro


c0351060_21043110.jpg
※このツアーの参加者は、偶然にもここまでの道のりどこかしらで

一度は会ったことのある方。



湖の向こうには、

これから向かう氷河も見える!

c0351060_20523751.jpg



Laguna Toroから少し進んだところに

パイネ国立公園の入口があり、


ここで国立公園の入場料18,000チリペソを払います。




いよいよパイネ国立公園内に突入!




…かと思いきや、


進み始めて間もなくバスが停まった





バスの外に出てみると、




なんと
タイヤがパンクしてる!!

c0351060_21065822.jpg



運転手さん達がタイヤ交換をしている間、
ただ待つのもなんなので、



バスより一足先に

みんなで真っ直ぐな道を山に向かって歩く。


c0351060_21085544.jpg



雄大な景色の中、
ただただ真っ直ぐな一本道を歩くのも、楽しいもの。


隣を歩くチンニーも鼻唄まじり♪




無事タイヤを交換を終えて

後ろから私達の元へやって来たバスに再び乗り込み、



11:30頃、Lago Greyに到着。


駐車場からつり橋を渡ってしばらく歩いて行った先に

現れたのは湖に浮かぶのは、


たくさんの氷河の塊

c0351060_21141522.jpg


これは

遠くに見えるグレイ氷河の一部が流れ着いたものらしい。


c0351060_10175113.jpg



先日訪れた

ペリトモレノでもかんじたけれど、


氷河はホントに綺麗

c0351060_21165776.jpg

天気もよく、

湖自体もとっても美しかったのですが…



ものすごい強風でした。


c0351060_10373447.jpg


お陰で

写真を撮るにもひと苦労 笑。




14:00頃、

Cerro Paine Grandeなどの山々を臨む

湖のほとりでランチ

c0351060_10001377.jpg


昨夜3人で準備した

ホットドッグの出番。


c0351060_10092942.jpg

絶景を眺めながらのランチは

美味しさ倍増♪




ランチの後も、

いくつかの絶景ポイントに立ち寄りつつバスは進み、


c0351060_10240372.jpg



15:30頃、

Salto Grandeという滝に到着。

c0351060_10165517.jpg



ここはこんな看板もあるほど、風が強い場所。

※少なくとも今日はLago Greyの方が強風だったような。。。。

c0351060_10011171.jpg


滝には

嬉しいことにも架かってました。


c0351060_10160325.jpg


17:00頃、

やって来たのは

パイネ国立公園の由来にもなっている

Torres del Paine」が見えるポイント。

c0351060_10231133.jpg



朝焼け時のTorres del Paine

それはそれは絶景とのこと。



今回は時間が足りず朝までは居られないけれど、


いつの日かまた南米に来れる日が来たら、

絶対に拝んでみたい景色!




ここでツアーを抜け、

今夜は国立公園内でキャンプの予定を立てていたチンリーとアランド。


ところが、

キャンプ場の近くまで行くシャトルバス(7km位の区間を運行)

今日は既に終了してしまったらしく、


二人はキャンプを諦めて

私達と一緒にプエルトナタレスまで戻ることになりました。

※もし、パイネ国立公園の1dayツアーに参加後、

そのままキャンプ地への移動を希望する場合は、時間に気を付けた方が良さそうです。





更に少し進んだ先にあったのは、

Laguna Amarga


c0351060_10325675.jpg


エメラルドグリーン色の湖の岸辺には

白い線のようなものが。


なんでも

この白いものの正体は「塩」らしいです。




ここLaguna Amargaからも

目の前にTorres del Paineも見え、


c0351060_10341204.jpg

まさに絶景です。





そして17:45頃、

本日最後の目的地、The Sarmiento lake に到着。

c0351060_10352782.jpg


ここは青い湖。


Laguna Amargaから割りと近くに位置しているのに、

こんなにも水の色が違うなんて。


自然ってホントに不思議!!




もちろん、

これだけ自然があるのパイネ国立公園では、


いろんな動物達にも遭遇!




グアナコ

ラクダ科の愛くるしいお顔のグアナコ。前半は見かけなかったけれど、後半は結構な頻度で見かけました。

c0351060_10253543.jpg

アルマジロ
ボールの様に丸くなることで知られるアルマジロ。ずっと穴掘りしてました。歩く姿がひょこひょこしてて可愛い!

c0351060_10293078.jpg

ニャンドウ

ダチョウの一種。後ろ姿が、貴婦人のスカートみたい。

c0351060_10315051.jpg


その他にも羊、馬、鳥などいろいろ出会いました。




可愛い動物たちに癒され、
雄大な自然を目の当たりにした濃い1日。




パイネ国立公園を十分に満喫できました。



[PR]

by ice_oga | 2015-04-14 20:22 | 街散策 | Comments(2) |

Commented by yamakado at 2015-05-02 10:12 x
パイネの散策、天気に恵まれてよかったですね。写真もとても素敵です。
Commented by ice_oga at 2015-05-05 11:50
はい♪お陰さまで(強風でしたが)とってもよい天気の中、大自然&動物たちを楽しめました(^^)