プエルトナタレスで、パイネ国立公園行きの準備

パタゴニア地方の街、
ここプンタアレーナスにある宿
Hostel Torres del Paineの朝ごはんは

可愛らしいダイニングで、
ひとりひとりにサーブしてくれます。

c0351060_23510637.jpg



安宿続きのバックパッカー旅にとって、

そんな優雅な朝食時間は珍しいもの。



すると、

宿のスタッフのカルメンが、

日本人がもうひとり泊まってるよ。と、


半年の旅をスタートさせたばかりだという

奈穂子さんを紹介してくれました。

c0351060_23471695.jpg

彼女はこれからプエルトナタレスで

キャンプをする予定とのこと。


パタゴニアの大自然の中でキャンプ。



今回は時間もないし、

未だかつて人生でキャンプらしいキャンプをしたことがない私にとっては憧れの体験




このあと既に予約している飛行機や、

持ち物を考えると、あいにく私にはキャンプは厳しそう。。。



この後私は、

現地ツアーを利用してプエルトナタレスという街から


パタゴニアの見どころのひとつ、


パイネ国立公園を訪れて

このパタゴニアの旅の締めくくる予定。




朝ゴハンを食べ終え、
同じく10時発のプエルトナタレス行きのバスに乗る予定だという


チン二ーとアランド と一緒に

タクシーでバス乗り場へ移動(プンタアレーナス➝プエルトナタレス間はBus Surのバスを利用)。




アルゼンチンでこの区間のオープンチケットを買っていたので、

まずはバス会社の窓口へ行き、10時発のバスの席を確保。


アルゼンチンで150アルゼンチンペソ買うより、ここの窓口で6,000チリペソでチケットを買った方が安かったです。。。

c0351060_23521518.jpg


偶然にもバスの隣の席は、

一緒にここまでやって来たチンニー。


バスの座席で彼女に

シートゥーギー って知ってる?」と言われて始まったのは、

c0351060_00243050.jpg

あやとり。



全く日本のあやとりと同じでした。
「あやとり」って日本独自の遊びかと思ってたら、

チンニーの地元、韓国でもこの遊びがあるとのこと。


チンニーもシートゥーギーは

韓国独自の遊びだと思ってたとのこと。



こうしてみると、

日本韓国は地理的に近いだけでなく

文化も似ているなぁと改めて感じます。




小学生ぶりくらいにあやとりで遊んでいる間も

バスは走り続け、


c0351060_00260884.jpg


プエルトナタレスのバスターミナルに到着


c0351060_00272567.jpg



まずは今夜の宿探し

この周辺の宿の価格の相場を知るために

ひとまずバスターミナルの目の前にあるホステルに入ってみると、


値段も思ったほど高くなく、いい感じ。


なによりバスターミナルの目の前という立地の良さ!




プエルトナタレスの宿は
ここ「HOSTEL EL MIRADOR」で決定。

c0351060_00470158.jpg


※3人でトリプルの部屋(30,000ペソ/部屋)を使用。
1人で泊まっても、ドミトリーの様に相部屋として利用すれば10,000チリペソ/泊(1ベッド使用)で宿泊可能とのでした。


宿も無事決まったところで、

プエルトナタレスにやってきた目的である


パイネ国立公園行きのツアーを探しに街へとチンニー&アランドと共に繰り出してみることに。




でもその前に、

まずは腹ごしらえ。


街中にあったピザ屋さんで

ピザと「Picoteo」という料理を注文し、

みんなでシェア。

Picoteo とは、

山盛りのフライドポテトの上に、チーズ茹で卵

その下には焼いたお肉がゴロゴロ入った、

間違いなく高カロリー!でも、間違いなく美味しい!


超ボリューミーな一品

c0351060_00492542.jpg



お腹を満たしたら、

街中のツアー会社をまわっては、比較。



私は次の移動の為の飛行機のチケットを

既に取ってしまっている都合上、パイネ国立公園へは1Dayツアーで訪れる予定。


一方、チンニーとアランドは

私と同じく1dayツアーに参加した後、


途中でツアーを抜けて、そのまま国立公園内でキャンプをし、
翌日パイネ国立公園の見どころのひとつ「Torres del Paine」の山頂を見に行く予定とのこと。




いろんなツアー会社を見てまわった結果、

結局は

ホステルで斡旋している

25,000チリペソ1dayツアー(ミラドンの洞窟、国立公園の入場料は別途要)が一番安かったので、そこで申込みました。




明日のツアーに昼食は付かないとのことなので、

ランチ用にホットドッグなどを準備しようと
3人でスーパーで材料を買い込むも、


残念ながら

このホステルは宿泊客らキッチンを使用できないことが発覚




本来は迷惑になるので避けるべきですが…、
茹でるだけ」との約束で、


ソーセージと卵だけスタッフよう(オーナー夫妻)のキッチンを借りて茹でさせていただきました。


c0351060_00513563.jpg

箸を使用しながらソーセージを茹でていると、


ホステルの奥様、ブリジッタが興味津々


彼女は生まれて初めて
箸を使用しているところを見たそう

(世界中に箸を使って食べるアジアの料理は広まっている昨今、

"箸を上手く使えない"という人には出会うものの、"箸を見たことない"という人には初めて出会いました!)



キッチンを使わせてくれたお礼に、

"いつか旅先でお世話になった人にプレゼントしよう"


日本から持ってきた「箸」を彼女にプレゼントすると、

大喜びしてくれました。

c0351060_00302042.jpg


ちなみに彼女は

南米の定番の飲み物マテ茶ユニークな器で飲んでいました。


その器とは、

グレープフルーツ


c0351060_00281949.jpg


一口味見させてもらうと、
グレープフルーツの柑橘系の味が加わり、マテ茶の美味しさ倍増!

クセになりそうな味でした。




ランチの準備も終え、
明日のパイネ国立公園行きの準備も完璧!


明日のツアーでは

ここパタゴニアならではの可愛い動物たちに会えるといいな♪

c0351060_00591639.jpg





[PR]

by ice_oga | 2015-04-14 01:13 | 街散策 | Comments(6) |

Commented at 2015-04-22 17:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-04-23 19:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ice_oga at 2015-04-30 11:54
児島さん、ウユニ最高のコンディションで体験されたようで何よりです^^本当に素敵な場所ですよね!(人文字の写真もぜひ拝見してみたいです+*)
そう言っていただけて光栄です。今後も南米のいろんな場所の魅力を伝えられるよう更新頑張ります♪
Commented by ice_oga at 2015-04-30 11:58
山門さん、写真ありがとうございます♪
公園内でキャンプされたんですね!うらやましいです^^
噴火も驚きましたが、今のところ影響なさそうで一安心です。
Commented at 2015-05-02 00:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ice_oga at 2015-05-05 11:44
児島さん、ありがとうございます。みなさんとパタゴニアで出会えたり。出会いも旅の醍醐味ですよね♪ ぜひ、ブラジルの素敵な場所探しも楽しまれてください(私ももっといろいろ訪れてみたかったです+*)&ブラジルも冬に向かっているころかと思いますので、風邪などにお気をつけて。
私自身まだこのブログを使いこなせてないのですが、恐らく…。調べてみます。