世界最南端の街、ウシュアイアへの道

雨が降りしきる中、


AM3:00にエルカラファテを出発したバスは

AM7:30頃にリオガジェゴスに到着。


c0351060_11171074.jpg

バスターミナルで、

AM9:00時発の目的地であるウシュアイア行きのバスを待つ。

  


予定より遅れてバスターミナルにやって来た

ウシュアイア行きのバスに乗り込み、


9:30頃に出発。



すると、

車内でさっそく

チリ入国カードを配られた。



今回、【リオガジェゴス➝ウシュアイア】へと

アルゼンチン国内の街へ移動するのですが、


ルート上、途中で

お隣の国、チリに属するエリアを通ります。






この道のりはなかなかユニークで、


一旦アルゼンチンを出てチリ入国し、


海を渡り


再度アルゼンチン入国するという大移動





10:30頃、イミグレーションに到着。



ここのイミグレーションは、

アルゼンチンとチリの窓口が隣同士でありました。


c0351060_11182115.jpg

入国の際、荷物検査の必要なチリ


バスの乗客みんなで一列に並んで

麻薬犬検査


気性がなかなか激しく、

お腹が空いてるわんちゃんだったらしく、



麻薬よりも


同じバスに乗っていた

おばさんの持っていたサンドイッチ入りの袋に過剰に反応



何度もこのおばさんに飛び付いては、

指導員になだめられてました笑。



チリ入国の際は

食物の持ち込みに制限がある為、


結局、このサンドイッチはチリに持ち込めなかった様子。





こうしてアタカマぶりにチリに入国



チリに入ってからもバスは走り続け、



12:00頃、

バスが停まった。




私達の目の前には

そして !!


c0351060_11190966.jpg



ここで、

バス➝船に乗り換え



c0351060_11273831.jpg


c0351060_11195316.jpg


すると船の中で、

ウユニからアタカマに抜ける途中で会った

日本人カップルに再会!



実は、エルカラファテの街中でも

一度偶然二人に会ってお話してたところ。


この二人も、

別のバスで同じくウシュアイアに向かう途中とのこと。




そんな再会もあった船。



あいにくの雨で

外の景色はイマイチ。。。

c0351060_11263739.jpg

船に揺られること

約25分で、対岸に到着。






再びバスに乗り込むと、


乗客には軽食が配られ、

c0351060_11305755.jpg


運転手さんたちは

アルゼンチンの人々には欠かせないマテ茶タイムに突入。



いきなり運転席の隣にガスコンロを設置し、

お湯を沸かし始める。
※もちろん、走行中


c0351060_11334030.jpg




そんなバスで隣の席になったのは、

ウシュアイア在住のレオナルド(写真暗めですが…)。


c0351060_11364538.jpg



出入国や、船への乗り替えの際など、

いろいろ気にかけてくれる優しいおじいちゃんでした。





15:30頃、

小さなカフェの併設されたチリの国境に到着。



ここで出国審査を経て、

ガタガタの道を進むこと更に30分、


今度はアルゼンチン側の国境に到着し、


再びアルゼンチンに入国

c0351060_11341770.jpg


このところ

やたらとアルゼンチンへの出入国を繰り返している為、

パスポートはアルゼンチンのスタンプがいっぱいな状態。





17:00頃、

リオグランデという街のバスターミナルに到着。

ここで30分程休憩した後に

再出発し、

21:00頃、

ようやくウシュアイア到着





ついに、
南米大陸最南端の街までやって来ました!



南緯54度48分に位置するウシュアイアは

世界最南端の都市と呼ばれる場所。





夜も遅いので、

まずは今夜の宿探し。



ウシュアイアには「イメルダおばさんの家」という、評判の良い(ほぼ)日本人宿があるそうなので、


そこへの道のりを

近くにいたバス会社の人に聞いていたところ、



バスターミナルに居合わせた

ツアー会社で働いているという方が、


イメルダおばさんの家までの道案内をかってでてくれました。



どうやらウシュアイア内で、

日本人がその宿に集まることは有名らしい。




ところが、
案内してもらった先のイメルダおばさんの家は

移転している様子。



確かに、事前にネットで調べてきた住所とは

ここは異なる場所。



"近くに他にもホステルはある"と案内してくれた方に言われ、

言われるがまま、

Gob.Deloqui通り(案内された場所)の

1ブロック先にあったホステルへと案内された。



特にイメルダおばさんの家を予約してた訳でもなく、


幸いこのホステルに今夜空きもあるそうなので、


宿はここCruz Del Surに決定。

c0351060_11455477.jpg


3泊以上で割引ありとのことなので、
連泊することに(170アルゼンチンペソ/泊。2泊以下の場合は180ペソ、wifiが使えるリビングルームあり)。


海外では珍しい土足禁止の宿なので、


中もそれなりにキレイで、
スタッフのアナアレックスも感じが良かったです。



Cruz Del Surの外には

こんな標識も。

c0351060_11374608.jpg


日本まで17,127 km.

 ※スペイン語で日本はJAPON(読み方は「ハポン」)



今わたしは、

日本から遥か遠く離れた場所にいる。




世界最南端の街とはいえ、

あからさまに目に見えるよう特別なことが何か取り立ててあるわけではない。


でも、なんだか不思議な感覚


[PR]

by ice_oga | 2015-04-08 23:24 | 交通・移動 | Comments(0) |