日帰りウルグアイへの旅。世界遺産の街、コロニア・デル・サクラメントへ (Menta Granizada、Sambayon)

今日は日帰りで隣国ウルグアイへ。


アルゼンチンのブエノスアイレスから高速フェリーでラ・プラタ川を渡り約一時間で行ける、
コロニア・デル・サクラメントという世界遺産にも登録されている街へ気軽な国外旅行に出発。

c0351060_12323759.jpg


昨日訪れたフェリーターミナルまで、ホステルから徒歩で約一時間半。


散歩がてら歩いて行くと、こんな運動機器的なベンチを発見。

c0351060_12380306.jpg
座ってみるも、足が短すぎて上手く漕げず。。。
アルゼンチン人の足の長さに憧れます。



フェリー乗り場に到着し、無事コロニア行きのチケットを購入。


今回Colonia expressという会社の
往路12:00発、復路20:45のセットチケットで562アルゼンチンペソでした。

c0351060_12402732.jpg
ネットやチラシでは「235アルゼンチンペソ」となっているのに、いろいろ諸費用が加算され総額は上記金額。

フェリーは毎日3便ずつ運航中(2015/3月現在)で、往復セットの料金は時間帯によって異なるようです。


11時前にはチェックインが開始。

国際船って乗るの初めて。
飛行機のチェックインと同じ要領で手続き。


フェリーのターミナル内にある窓口でアルゼンチンの出国審査とウルグアイの入国審査を済ませ、
フェリーの出発まで待機(まだアルゼンチンのターミナル内にいる状態で、ウルグアイの入国スタンプも押される)。

c0351060_12444699.jpg
フェリーの中には免税店や売店もあり。
座席は若干狭めではあるものの、綺麗な船でした。
c0351060_13062675.jpg
c0351060_13144751.jpg
残念ながら、デッキには出られないので
船内から窓の外の景色を楽しみつつ(ほぼ川の流れのみですが;)

c0351060_12561570.jpg
あっという間に一時間が過ぎ、

6ヶ国目、ウルグアイに到着!


フェリーを降り、簡単な荷物検査を経て、
ターミナル内の両替所で100アルゼンチンペソだけ両替して手にした165ウルグアイペソを片手に街の中へ。

c0351060_12461643.jpg
ターミナルを出てすぐ左に行ったところに、ガラス張りのお洒落なインフォメーションセンターを発見。

c0351060_13074590.jpg
地図をもらい、道を聞いて
目的地であるコロニアの旧市街へ。


日本の友人からお花見の写真で春の便りをもらう今日この頃ですが、ここウルグアイはもうすぐ秋。
木々の葉っぱもほんのり色づきつつあります。

c0351060_13161265.jpg
ターミナルから10分弱歩いたところにある城壁らしきものを越えると、
そこは旧市街。
c0351060_13171860.jpg

ゴツゴツの石畳の道、
カラフルな家々。
走る車もクラシカル。

c0351060_13185331.jpg
とっても絵になる、可愛らしい街並みです。


そんな旧市街で、
ラ・プラタの川辺をのんびり歩いたり、

c0351060_13282272.jpg
教会を訪れてみたり、
c0351060_13232237.jpg
旧市街を見渡せる灯台(20ウルグアイペソ)に登ったり。
c0351060_13270059.jpg
c0351060_13303328.jpg

もちろん、アイス屋さんにも訪れたり。

El Caliというお店でJUNIORサイズ(80ウルグアイペソ≒400円)を注文。

・Menta Granizada

・Sambayon

c0351060_13255982.jpg
「Menta…」はチョコミントのアイス。日本で食べるミントアイスよりは清涼感は弱めですが、ミントならではの爽やかな味。
「Sambayon」がどんな味のアイスなのか店員さんに聞いてみると、「卵とミルクのアイス」とのこと。
確かに卵の味が強め。クッキーを焼く前の生地の状態でつまみ食いした時に似た味がしました笑。


ちなみに、コロニアの旧市街を歩いていると、
どうしてもアイスを掲げてるように見えて仕方がない銅像に遭遇したり。

c0351060_13050838.jpg

せっかくアルゼンチン国外に出たので、
アルゼンチン国内で入手が困難との噂のUSドルを求めて銀行へ

もちろん、アルゼンチンで正規よりもよいレートで両替する為のUSドル探し。


旧市街のATMはなかなかの長い列。
USドルは1度に200ドルまでしか下ろせないらしく、手数料は5USドル。

※旧市街の外にある銀行でも300ドルまでとの制限あり。こちらは手数料6USドル。

c0351060_13244819.jpg

旧市街を抜けて、お腹を空かせながらコロニアの街をさまよっていると、
スーパーでこんな丸いものを発見。

c0351060_13322265.jpg
コロッケらしい。
1個(19ウルグアイペソ)購入。

中身はご飯とチーズとハム。
ボリュームもたっぷりで美味しい!

c0351060_13332619.jpg
気づけばもう、夕方。
中途半端に余ったウルグアイペソの使い道に迷っていると、

目の前にカジノが!

残り20ウルグアイペソくらいだけど…せっかくなので運試し。

店内に入り、チケットをもらいさっそく挑戦。

カジノといっても、ここはスロットマシンのみらしい。

…全く遊び方がわからない。
チケットを入れたところ、2回分回ったみたいだけど、よくわからないままいつの間にか終了。

呆気なく消えました。
なぜか3ウルグアイペソのお釣。(1回いくらなんだろう??)



フェリーのターミナルに向けて歩き始めると、
色鮮やかな作品が飾られたギャラリーを発見。

c0351060_13471492.jpg
CASA CALBAJALという方々のギャラリーで、アーティストのホルヘさんが作品を制作中でした。
c0351060_13363235.jpg


フェリーの時間まで、
ターミナルの近くにあるコロニア駅跡で、地元の人達に交じってのんびり。
川に面しており、川辺では家族ずれや若者たちが、遊んだりおしゃべりしたりしながら、くつろいでいました。

c0351060_13592609.jpg
時間が近づき、ターミナルに戻ってチェックイン。
c0351060_14093147.jpg

ウルグアイの出国審査、アルゼンチンの入国審査を経て、フェリーに乗り込みブエノスアイレスへ帰還。



わずか半日足らずのウルグアイ滞在。
コロニアは、のんびりお散歩するのにちょうどいい可愛らしい街でした。

こんな風に日帰りで国外に行くって、島国に住む日本人的にはやっぱりまだ不思議な感覚。


[PR]

by ice_oga | 2015-03-30 23:53 | アイスクリーム | Comments(0) |