憧れの場所、ウユニ塩湖

この場所の存在を知ったのは、
人生のまだ半分しか過ぎ去っていない中学生くらいの頃。


テレビで見た、

まるで空の中にいるような幻想的な景色
男女が乗り合いワゴンで旅する番組「あいのり」で、この景色の中をラブワゴンが駆け抜けていく画)。


c0351060_11374514.jpg

それがどこの国の

何という場所であるかは覚えていなかったけれど


「絶対にいつか行ってみたい!」って想いを

ずっと忘れられなかった場所。



今ではすっかり「絶景」という言葉の代表とも言える程に

その名前をよく聞くようになった、


ボリビアの『ウユニ塩湖こそがその場所でした。




旅の出発前に、
以前勤めていた会社の方からこんな可愛い

ウユニ塩湖のイラストりのお手紙をいただいた程、


c0351060_11423470.jpg

この旅の最大の目的地。




上の写真やイラストのように、


まるで空の中にいるような

空が地面に「鏡張りのようになる状態

いつでも見れるものではなく、



雨が降って塩湖に水が溜まり、

空が晴れ、且つ、風が止まないとあの景色に出会うことはできない。



この世界旅を

わざわざ日本から遠い南米から始めた一番の理由は、


その景色が見れる可能性が高い、

ウユニの雨季(12~3月頃にボリビアにたどり着けるようにする為。




そして、2015/3/20は新月

新月の時期は月が見えない時間帯があり、


昼間同様に気象条件が揃えば、

夜には地面に星が映りこみ、


まるで宇宙の中にいるような景色にも出会えるそう。



星空の鏡張りも見てみたく、

新月の時期に合わせてウユニへ移動してきました。




以前ウユニに行かれた方から、
ウユニの街から塩湖に行く為には(街からウユニ塩湖までは車で一時間程度)、


人数を集めて車をチャーターするとの話を聞いていたので、


ここウユニの街では

日本人が集まる宿に泊まりたい。

※鏡張りの景色を見たがるのは日本人くらいとの噂もあり、
日本人ならではの旅の情報もそろそろ欲しかったので。




数あるウユニのツアー会社の中で、
日本人に人気のツアー会社(ホダカツアー、ブリサツアーの2社)のすぐそばにある


Avenida50ボリビアーノ/泊、wifi・ホットシャワーありですが、期待はしない方がよい感じ)という宿へさっそく移動。




ちなみに、

ウユニ塩湖を訪れるのには、

この3つのツアー形態が一般的でした。



・【1dayツアー】
10~11時頃にウユニの街を出発し、列車の墓、コルチャニ村、塩の目、塩のホテル(プラヤブランカ)を巡って塩湖を楽しむ


・【サンセットツアー】
15~16時頃にウユニの街を出発し、塩湖の青空→夕日→夜空を楽しむ


・【サンライズツアー】
深夜2~4時頃にウユニの街を出発し、塩湖の夜空→朝日→明け方の空を楽しむ


※基本的にはツアー会社で

ドライバー兼ガイドさん付きの車をチャーターして

上記のようなツアーを行ってもらいます。


その為、参加希望者が一定人数以上集まらないと

ツアー料金が割高に。




初日はウユニ塩湖行きのツアーについての

情報収集のみを行おうかと思っていたところ、



たまたま呼び込みにあった「Oasisツアー

1時間後に出発する「1day+サンセットツアー(ランチ込み)」150ボリビアーノであるとのことなので、



他に多数あるツアー会社との比較もせず、

そのまま申し込むことに。



“今日は天気もいいし、

少しでも早くあの景色が見たい!!“



そんな気持ちで8人乗りのバンに乗りこみ、

早速ウユニ塩湖ツアーに出発!




私が参加したツアーのメンバーは、

ボリビア人×1、アルゼンチン人×3人、スペイン人×2人とドライバーさん。


その為、車内はスペイン語が飛び交い

ちんぷんかんぷん。


そんな私に、

参加者の方々が代わる代わる

英語をおりまぜて説明してくれました。


みんな優しい!




まずやってきたのは列車の墓


線路の上を歩いたり、

いくつも残る廃車の上に登ってみたり♪

c0351060_11444423.jpg


これらの列車は以前、

チリまで銀などを運んでいたそうですが、


現在のボリビアでは、

昨日一部区間を乗ってきた「ビジャソン~オルーロ」のみ列車が走っているとのこと。




次はコルチャニ村


コルチャニ村にはお土産屋さんや、

小さな塩の博物館(塩で作った像が何点か展示)がありました。

c0351060_11480937.jpg


c0351060_11470565.jpg



コルチャニ村から次の目的地に向かう途中、


バンの車窓から
徐々に塩湖が近づいてくるのが見えてくると、



夢にまで見た景色にもうすぐ出会えるという想いで、


既に胸がいっぱい。



どうか、

憧れの鏡張りの景色が見れますように。。。




そんな気持ちを胸に


続いてたどり着いたのは、

塩の目と呼ばれる場所。


c0351060_11511192.jpg


ここでは、

ぶくぶく地面から水が涌き出ています。

手で触れてみると、

水の温度は温かいところもあれば冷たいところもあったり。


c0351060_11520256.jpg




こうして近郊の見どころを巡り、


塩で作られたホテルプラヤブランカ」でランチ


c0351060_11492438.jpg


c0351060_11501662.jpg

ランチのメニューは、
チキン、野菜、ご飯、バナナでした。




このプラヤブランカ付近に広がるのは、

真っ白な世界(塩)。



雨季の鏡張りよりも、


乾期に一面に広がるこの白い景色を求めて

ウユニにやって来る人の方が多いとのこと。




この白い景色の中では、

面白いトリック写真が撮れるとのことなので、


早速チャレンジしようと、

トリック写真用の小道具として持ってきた

プリングルス缶を持って


白い地面の上でがさごさしていると、



昨日列車で会ったチリ人達に再会。




“面白そうだから一緒に写真を撮ろう!“


と、

いきなり肩車され…



プリングルス缶に乗ってみたり。


c0351060_11532842.jpg



巨大なチップスにかぶりついてみたり。


c0351060_11543676.jpg



こんな感じに

トリック写真が撮れました♪




その後は、

更に真っ白な世界へと移動し、


c0351060_11591232.jpg


ドライバーさん指導のもと、
今度はツアーのみんなでトリック写真に挑戦。

※小道具はドライバーさん持参



ルイージの手の上に乗ってみたり♪


c0351060_12052366.jpg


折り鶴の上に乗ってみたり♪

c0351060_12072464.jpg


ショベルカーに持ち上げられたり♪

c0351060_12093597.jpg


恐竜に追いかけられたり!!

c0351060_12083588.jpg




※撮影の裏側:こんな感じで地面ギリギリのところで撮影してます


c0351060_12103584.jpg



乾期にならないと見れないと思っていた

真っ白な世界を満喫できてラッキー♪




でも、

一番見たかったのは鏡張りの景色。

見渡す限りの真っ白なこの景色の中に、

地面に水が張っている様子はない。



塩の目あたりの水溜まりには

ところどころ空も映りこんでいたけれど、


鏡張りとは到底呼べない程度。



やはり、

雨季の終わりに近い3月では、

ウユニに来るのが遅すぎたかな。。。



楽しいメンバーと

面白い写真を撮れただけでもウユニ塩湖のよい思い出になる



…と、

納得しようとしていた瞬間、



ドライバーさんが長靴を取り出した。




ひょっとして、

諦めるのはまだ早い!?



トリック写真の撮影を楽しんだ

真っ白な景色が広がる場所から


更に車を走らせること10分強。



わー!!

c0351060_12192235.jpg


目の前に広がった
ずっと見たかった永年夢見ていた景色に、

アドレナリンが大放出!!

c0351060_12211617.jpg


こんな場所が
地球上にあるなんて!!
※この記事の一番はじめの写真もここで今日撮影したものです。


青空の鏡張りの後には、

地平線の彼方に
縦に延びる虹も出てきたり。

c0351060_12221703.jpg

あいにく風が吹いてしまい
鏡張りにはならなかったものも、

夕暮れ時には
地平線に沈みゆく美しいオレンジ色の太陽を観ることが出来ました。

c0351060_12263683.jpg


大満足のツアーの最後には、
ドライバーさんからこんなお土産も♪


ウユニ塩湖の塩の結晶
c0351060_12305685.jpg

想像以上に美しかった鏡張りの世界。

今日は永年の夢がひとつ叶った、
忘れられない一日となりました。


[PR]

by ice_oga | 2015-03-17 21:56 | 街散策 | Comments(0) |