2ヶ国目、アルゼンチンに日帰りの旅!イグアスの滝(アルゼンチン側)

ついに、この旅で初の国境越え。

…といっても、また夜はブラジルのホステルに泊まるので
日帰り」でアルゼンチンへの旅。

※当初はアルゼンチン側に泊まる予定でしたが、
このあとパラグアイに行くことを考えると(アルゼンチン→ブラジル→パラグアイの道順なので)
ブラジル側に連泊した方が都合がよいとのこと。


TTU(近距離バスターミナル)
のすぐそばから出てるバス(片道4レアル)で、
アルゼンチンのプエルトイグアスという街へ。

c0351060_12231292.jpg
日帰りの場合、ブラジル、アルゼンチンの出入国審査不要な場合があるというような話もネットで見かけたので、
バスの運転手に聞いてみると、


ブラジルからの日帰りならブラジル側は審査不要で、アルゼンチン側のみ入出国審査が必要とのこと。
(あくまで、2015/3/6時点の情報です)


バスはブラジル側のイミグレーションをそのまま通過し、
アルゼンチン側のイミグレーションにて一旦停車。


c0351060_04573025.jpg

入国審査官に行き先を告げ、無事アルゼンチンの入国スタンプを押してもらい、

ついに2ヶ国目、
アルゼンチンのプエルトイグアスに到着!!(日帰りでブラジルへ戻るけど;)

バスターミナルにてイグアスの滝行きのバスチケットを買おうとするも、クレジットカードは使えないとのこと。

急いで近くの銀行に行き、ATMでアルゼンチンペソを準備。
(距離は近くとも国が違うので、もちろん通貨も変わります)

ここからアルゼンチン側の国立公園まではバスで30分(往復100アルゼンチンペソ)。
アルゼンチン側の入場料は 260アルゼンチンペソでした。
(ここも現金のみ。ただし、入口にATMはあります)

窓口で「オブリガーダ(ポルトガル語の「ありがとう」)」っと言い、
ふと思えばここはスペイン語圏のアルゼンチン。

慌てて「グラシアス(スペイン語の「ありがとう」)」と言い直す。
(距離は近くとも、言語も変わります)


ずっとブラジルにいたせいか、
ついつい「オブリガーダ」が先に口から出てしまう;


入口から少し進んだところにある窓口で、
イグアスの滝の中で一番大きな「悪魔ののどぶえ」と呼ばれる滝に近づくボートツアーに申込み。
※バスターミナルでは230ペソでチケットが販売されてましたが、公園内では270ペソでした(ここではクレジットカード使用可)

アルゼンチン側の国立公園内は列車が走っているのですが、
次の列車は30分後とのことなので、歩いて滝の近くまで行くことに

c0351060_12264872.jpg

ゆっくりと一時間半かけて、
ところどころ滝や動物たちを見ながらボート乗り場へ。
c0351060_04474368.jpg


c0351060_04515742.jpg
c0351060_04544497.jpg
※トレッキング並みに歩き、階段もいっぱい下るので、
歩きやすい靴がおススメ。(ビーサンで行ったところ、何度も転びそうになりました;)

c0351060_12315929.jpg
c0351060_12325418.jpg
先日このボートツアーに参加された方から、
ずぶ濡れになるので水着の方がよいとアドバイスをいただいていたので、
水着+レインコート、荷物は袋に入れて、準備万端で乗船。

c0351060_04013252.jpg
※持ち物を入れる袋は、ボート乗り場に設置してあります。

まずはゆっくり滝の回りを巡り、

スピードを上げて、滝に向かって一直線!

c0351060_04094805.jpg
目も開けられないほど、
大量の水を頭からかぶりまくり。

乗客みんなでキャーキャー言いながら、ボートは何度も滝に向かって行ったり来たり。

c0351060_04215236.jpg

見事に、レインコートの意味がないくらいずぶ濡れ。

滝の迫力を体感したい方、(ずぶ濡れ覚悟で)ボートへの乗船、おススメです。
※値段は上がりますが、もっと下流からジャングルのようなところを通って悪魔ののどぶえに近づくツアーもありました。

ボートから降り、
来た道を戻ろうとすると

虹が!!

c0351060_12291133.jpg
明け方は雨も降っていたけど、
この頃には青空も垣間見れるほどに天気も回復。

そして、途中にあった列車の駅まで戻り、
今度は滝の上流に向け列車で移動。


上流にある駅からイグアス川に架かる歩道を歩いていくと、

イグアスの滝の流れ落ちる迫力満点の景色が広がります。

c0351060_00310150.jpg
c0351060_04310832.jpg
こんなとこから落ちたら
ひとたまりもないはず。。。

c0351060_04490284.jpg
※上流まで来る列車で隣の席だったご家族

滝の向こう側には、昨日いたブラジル側も見えるほどの距離。
滝の全景を見渡せるブラジル側も、滝の勢いをより間近で味わえるアルゼンチン側、
どちらから見ても魅力的な雄大な滝でした。

こうして、わずか半日のアルゼンチン滞在を満喫し、
ブラジルへと国境を越えて戻っていきました。



[PR]

by ice_oga | 2015-03-07 20:12 | 街散策 | Comments(2) |

Commented by りょう at 2016-06-30 23:40 x
情報助かりました。
最後アスンシオンから飛行機に乗らないといけないのでどうしょうか悩んでいました。
Commented by ice_oga at 2016-07-01 02:48
りょうさん、お役にたてて何よりです^ ^(※昨年の情報なので、万が一何らかの変更があった際はご注意ください)
パラグアイも行かれるのですね!
よい旅を…+*